[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界を虜にした日本大会、英紙座談会で称賛の嵐「猫カフェ、温泉、寿司、ラーメン…」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は南アフリカの優勝で幕を閉じた。英紙「デイリーメール」は記者、識者が大会を振り返る座談会を実施。その中で「日本の記憶」として、ホスト国の日本について思い出を明かし合い、「電車は遅延はほとんど遅延なし」「世界で一番の首都だった」などの称賛の声が続々と上がった。

各国の記者にとっても思い出深い日本大会となったようだ【写真:Getty Images】
各国の記者にとっても思い出深い日本大会となったようだ【写真:Getty Images】

記者、識者が座談会の中で日本大会を回顧「電車は遅延なし」「世界一の首都だ」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は南アフリカの優勝で幕を閉じた。英紙「デイリーメール」は記者、識者が大会を振り返る座談会を実施。その中で「日本の記憶」として、ホスト国の日本について思い出を明かし合い、「電車は遅延はほとんど遅延なし」「世界で一番の首都だった」などの称賛の声が続々と上がった。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 ラグビーの母国の記者にとっても日本大会は思い出深いものだったようだ。今大会のベストプレーやトッププレーヤーなどを振り返った座談会では「日本の記憶」として、滞在したホスト国の思い出を各記者が明かした。「優しくて、礼儀正しいんだ」と口火を切ったのは、クリス・フォイ記者だった。

「現地の人々は海外から来た観光客に優しかった。たくさんの電車の本数があるにも関わらず遅延はほとんどなかった。この開催国の成功の理由がよく理解できる」と日本人のホスピタリティはもちろん、公共交通機関についても称賛した。同調するように、駅で見かけたシーンについて言及したのはウィル・ケラハー記者だ。

「『そこに座っちゃダメ、それはダメ、ここもダメ』という“お節介”と言えるものは確かにあったけど、新幹線の駅員はいつもお辞儀をしていたのは印象的だった」と回顧。「試合中に流れる『よ~お』という(歌舞伎風の)音や珍しいお菓子も印象的だった」とも振り返った。

 記者だけでなく、元イングランド代表のジェームズ・ハスケルは料理のクオリティの高さに驚き。「世界で一番の首都だった」と東京滞在を振り返った上で「素晴らしい人々、素晴らしい料理。私たちは三ツ星レストランに行ったけど、エド・シーランが目の前に座っていたんだ。それは世界一高級な料理だったよ」と世界的シンガーと遭遇したエピソードも明かした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集