[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、もう“計量クリア” ドネアと世代交代へ、大橋会長「昨日で体重切った」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝などの予備検診が4日、都内のホテルで行われ、両者とも異常なしと診断された。メインイベントを務めるWBA・IBF世界同級王者・井上尚弥(大橋)は身長164.5センチ、リーチ171.0センチ、首回り34.5センチ、胸囲89.5センチ。陣営の大橋秀行会長は、すでに“計量クリア”していることを明かした。

井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:浜田洋平】
井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:浜田洋平】

「11・7」WBSSバンタム級決勝の予備検診実施、大橋会長「昨日で体重も切っている」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝などの予備検診が4日、都内のホテルで行われ、両者とも異常なしと診断された。メインイベントを務めるWBA・IBF世界同級王者・井上尚弥(大橋)は身長164.5センチ、リーチ171.0センチ、首回り34.5センチ、胸囲89.5センチ。陣営の大橋秀行会長は、すでに“計量クリア”していることを明かした。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 WBA世界同級スーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)との一戦へ、顔色もよく順調そのものだった井上。8月26日の決勝発表会見以来、70日ぶりの対面となり「印象は変わらず、お互いに(減量で)フォルムが小さくなったかな。体重も仕上がっている。疲れを抜いて当日に仕上げたい。やることはやったし、不安材料はない」と意気込んだ。落ち着いた語り口にピリピリ感はない。ここまでの順調ぶりをうかがわせた。

 3日に練習を打ち上げた。大橋会長は「昨日で体重も切っている。2人とも」と力説。井上の弟でWBC世界同級王座統一戦に臨む暫定王者・拓真(大橋)も、汗をかいた練習終わりでバンタム級のリミット53.5キロを切ったという。前日計量の3日前でクリアしているのは異例とも言える。万全の調整ができている証拠だろう。あとは微調整しながら、6日の前日計量に臨む。

 WBA世界同級スーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)は身長170.2センチ、リーチ174.0センチ、首回り36.0センチ、胸囲87.0センチだった。大橋会長は「身長、リーチともにドネアの方が上回っているけど、気にするほどの差じゃない」と強調。写真撮影でピースサインをするなど余裕たっぷりだったドネアについて、「それだけの修羅場を経験している。レジェンド独特の雰囲気がありますね。みんな絶好調。心配することはない」と期待していた。

 世界が注目するビッグマッチまで残り3日。井上は「数値はすべて(ドネアが)上回っているので、そこをどう考えて戦うか。体重も仕上がっている。疲れを抜いて当日に仕上げたい。やることはやったし、不安材料はない。あとは試合当日に自分のやりたいことをぶつけるだけです」。世代交代を告げるゴングが鳴るまで、調整に余念がない。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集