[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

福岡堅樹、大会公式サイト「W杯別格の7人」に日本唯一選出「東京五輪でもう一度…」

熱戦の続いたラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日のイングランド―南アフリカの決勝で閉幕を迎える。大会公式サイトは今大会を盛り上げた「別格だった豪華な7人」を選出。8強入りした日本からは4トライを奪ったWTB福岡堅樹が堂々の選出を果たしている。

ラグビー日本代表の福岡堅樹【写真:Getty Images】
ラグビー日本代表の福岡堅樹【写真:Getty Images】

B.バレット、イトジェらと豪華メンバーとともに名を連ねる

 熱戦の続いたラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日のイングランド―南アフリカの決勝で閉幕を迎える。大会公式サイトは今大会を盛り上げた「別格だった豪華な7人」を選出。8強入りした日本からは4トライを奪ったWTB福岡堅樹が堂々の選出を果たしている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 頂上決戦を前に大会公式サイトでは「別格だったマグニフィセント・セブン(豪華な7人)」と特集した。「W杯で最も素晴らしい選手の中で際立ったパフォーマーは誰なのか」とし、大会を華麗に彩ったスター7人を選出。日本代表からはスピードスター福岡が唯一選ばれた。

 寸評では「フクオカを日本の相棒である“ツイン・フェラーリ”コウタロウ・マツシマと切り離すのは難しい。ホスト国のフライヤーもあまりに卓越していたからだ。フクオカのスコットランド戦の眩い2トライと最優秀選手のパフォーマンスで、彼に軍配は上がったかもしれない」と報じている。

 5トライに加え、圧倒的な運動能力で攻守に躍動した松島のパフォーマンスも評価する一方で、決勝トーナメント進出を決めたスコットランド戦の福岡の働きを称賛。そして、恩師も福岡を高く評価するエースは再び、国民的英雄になるチャンスが残されていると紹介している。

「イングランドのエディー・ジョーンズコーチから『ブライアン・ハバナ(元南アフリカ代表のレジェンド)を彷彿とさせる』と絶賛されたフクオカは来年、東京五輪の7人制ラグビーでもう一度、スポーツ界のヒーローとなる可能性がある」

 医師の道を歩むことを表明している福岡だが、東京五輪でも主役候補としての期待を集めている。他の6人は、イングランドのマロ・イトジェ、ウェールズのアリン・ウィン・ジョーンズ、フィジーのセミ・ラドラドラ、ニュージーランドのボーデン・バレット、イングランドのサム・アンダーヒルという錚々たるメンバーが選出されている。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集