[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

王者NZ完敗で史上初V3の夢散る 主将呆然「言葉にならない」「負けてはいけない所で…」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日、横浜国際総合競技場で準決勝・第1試合を行い、世界ランク1位ニュージーランドと同2位イングランドが激突。過去W杯の対戦では3戦全敗だったイングランドが終始、試合の主導権を握り、19-7で歴史的な勝利を飾った。6万8843人が酔いしれた。

前回王者ニュージーランドは決勝進出ならず【写真:荒川祐史】
前回王者ニュージーランドは決勝進出ならず【写真:荒川祐史】

W杯の連勝は18でストップ、ハンセンHC「我々の方が劣っていた」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日、横浜国際総合競技場で準決勝・第1試合を行い、世界ランク1位ニュージーランドと同2位イングランドが激突。過去W杯の対戦では3戦全敗だったイングランドが終始、試合の主導権を握り、19-7で歴史的な勝利を飾った。6万8843人が酔いしれた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 イングランドは試合前からプレッシャーをかけた。オールブラックスが恒例「ハカ」の陣形を取ると、これを取り囲むように「V字」隊形をとる“奇襲”。試合が始まる前から会場のボルテージを上げると、キックオフからわずか1分36秒でCTBツイランギが先制トライを決め、7-0とした。

 流れに乗ると、前半終了間際にペナルティーゴールを決めて10-0とリードして後半へ。8分にペナルティーゴールを決めて3点を追加すると、一度はニュージーランドにトライを決められ、13-7と詰め寄られたが、以降はしぶとく守り、2本のペナルティーゴールを決め、19-7で振り切った。

 イングランドにとって、W杯でニュージーランドに勝つは史上初の快挙。3大会ぶりの決勝進出を最高の形で決めた。対して、ニュージーランドは史上初の3連覇はならず。W杯の連勝は18で止まった。

 試合後、顔面を流血させながらインタビューに立ったリード主将は「本当に言葉にならない。開始当初は良かったが……」と呆然とした様子。「もっとうまくできたところはたくさんあった。負けてはいけないところで負けてしまった」と悔やんだ。

 ハンセンHCは「イングランドが勝ったことを祝いたい。勝ちたかったが、我々の方が劣っていたということ」と勝者を素直に称えた。今後は11月1日の3位決定戦に回る。「国のために懸命に頑張ってきたけど、優勝まではいかなかったが、イングランドが強かった。ここまで来られたことは誇りに思う」と胸を張った。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集