[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イングランド決勝一番乗り! 19-7で王者NZにW杯初勝利、ハカに“奇襲”からV2王手

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日、横浜国際総合競技場で準決勝・第1試合を行い、世界ランク1位ニュージーランドと同2位イングランドが激突。過去W杯の対戦では3戦全敗だったイングランドが終始、試合の主導権を握り、19-7で歴史的な勝利を飾った。6万8843人が酔いしれた。

イングランドがニュージーランドを相手に歴史的な勝利を飾る【写真:荒川祐史】
イングランドがニュージーランドを相手に歴史的な勝利を飾る【写真:荒川祐史】

ミス連発のNZはW杯18連勝でストップ、史上初3連覇ならず

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日、横浜国際総合競技場で準決勝・第1試合を行い、世界ランク1位ニュージーランドと同2位イングランドが激突。過去W杯の対戦では3戦全敗だったイングランドが終始、試合の主導権を握り、19-7で歴史的な勝利を飾った。6万8843人が酔いしれた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 イングランドは試合前からプレッシャーをかけた。オールブラックスが恒例「ハカ」の陣形を取ると、これを取り囲むように「V字」隊形をとる“奇襲”。試合が始まる前から会場のボルテージを上げると、キックオフからわずか1分36秒でCTBツイランギが先制トライを決め、7-0とした。その後は互いに敵陣へ攻め込むがゴールラインを割れず。イングランドはFLアンダーヒルのトライがTMOで幻となったり、SOフォードが狙ったドロップゴールがわずかに外れたり、追加点を奪えなかったが、前半終了間際にペナルティーゴールを決めて10-0とリードして折り返した。

 後半も開始早々から主導権を握ったイングランドは、45分に敵ゴールライン手前でのラインアウトからモールで押し、SHヤングスがゴールエリアへ飛び込んだが、またしてもTMOの末にノートライ。それでも攻め続け、8分にペナルティーゴールを決めて3点を追加した。

 だが、ニュージーランドも黙ってはいない。敵陣深くへ攻め込むと、イングランドのラインアウトが乱れた隙を突いてLOサベアがトライ。コンバージョンも決まり、7点を返した。

 イングランドは63分にフォードがペナルティーゴールを決めて、再び16-7に点差を広げる。67分にもペナルティーゴールで3点を加え、徐々に点差を拡大。試合終了のホイッスルが響くと、会場はイングランドファンの大歓声で揺れた。

 一方のニュージーランドはW杯での連勝記録が18でストップし、史上初の3連覇ならず。2007年の準々決勝フランス戦(18-20)以来の黒星となった。また、キックオフから1分36秒でのトライ献上は、オールブラックスにとってW杯史上最短の不名誉。ここまで盤石な戦いで勝ち上がってきた王者だが、この日はミスが続き、力尽きた。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集