[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リーチ主将が明かす“笑わない男”の意外な一面「稲垣のミーティングはすごく細かい」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で初めて8強入りした日本は18日、都内で20日に行われる準々決勝・南アフリカ戦の先発メンバーを発表した。日本ラグビー界にとって大きな意味を持つ一戦で、6番FLとして先発し、主将としてチームを率いるリーチ・マイケルは「今まで達成したことに満足しているわけではない。次も勝ちたい」と貪欲な姿勢を見せた。

ラグビー・日本代表のリーチ・マイケル(中央)【写真:Getty Images】
ラグビー・日本代表のリーチ・マイケル(中央)【写真:Getty Images】

目標達成したチームの原動力は「満足していないことが一番」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で初めて8強入りした日本は18日、都内で20日に行われる準々決勝・南アフリカ戦の先発メンバーを発表した。日本ラグビー界にとって大きな意味を持つ一戦で、6番FLとして先発し、主将としてチームを率いるリーチ・マイケルは「今まで達成したことに満足しているわけではない。次も勝ちたい」と貪欲な姿勢を見せた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 決勝トーナメント進出という当初の目標を達成した日本代表だが、今、チームはベスト4進出を目指し、高い意識を持って準備を進めている。一つでも多く勝ち抜きたい。そんなチームにとって最大モチベーションになっているのは「(現状に)満足していないことが一番」だと明かす。

「ここで終わりじゃない。ベスト8に出て、もう1回多くの人に自分たちの試合を見せられるチャンスができた。そういうチャンスを増やすために、選手一人一人が頑張ってきている。南アフリカ戦に向かう中で、週の初めはすごく怖く見えた。でも、ゲームプランを理解して、相手をどう崩すか考え始めたら、すごくワクワクしてきた。相手に対する怖さがどんどんなくなり、勝つ自信が見えてきた」

 今大会では、日本のFWの強さが光っている。海外メディアでも高く称賛されているが、リーチ主将は「準備をしっかりやっているから」と説明する。「土台作りは2月から。みんなで集まってハードワークをやり、細かいスキルも確認した」と話す中、キャプテンが明かしたのは“笑わない男”の意外な一面だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集