[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大会公式SNSも注目 話題の日本人「バクさん」が“世界最薄ジャージ”を着続けるワケ

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は、20日の開幕から大いに盛り上がりを見せている。五輪、サッカーに次ぐスポーツ界3大イベント。スタジアムではそれぞれの国のジャージだけでなく、コスプレなどで着飾る国内外のファンが目立っているが、中でも世界的に話題となっている熱烈な日本人がいる。

元ラガーマンの森山漠(ひろし)さん【写真:荒川祐史】
元ラガーマンの森山漠(ひろし)さん【写真:荒川祐史】

話題のボディーペイント・名物日本人ファンが“活躍”、各国記者もツイート

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は、20日の開幕から大いに盛り上がりを見せている。五輪、サッカーに次ぐスポーツ界3大イベント。スタジアムではそれぞれの国のジャージだけでなく、コスプレなどで着飾る国内外のファンが目立っているが、中でも世界的に話題となっている熱烈な日本人がいる。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 開幕してから1週間以上が過ぎた。スタジアムに行けば大勢の観客がいるが、試合前の入り口近くにも1か所に人の群れができている。その中心には鮮やかなジャージを身にまとい、国内外のファンから写真攻めを受ける人物が一人。有名人かな、と思いきや、よく見ると上半身は服を着ていない。裸にジャージの絵が描かれているのだ。ビール片手にひっきりなしに写真撮影に応じ、名物ファンとなっていた。

 試合前には、海外メディアからも取材や写真撮影をせがまれる。英公共放送「BBC」が公式インスタグラムで「ラグビーW杯でチームのシャツを自分の体にペイントする日本のスーパーファン、バクサンに会う」と画像付きで投稿。大会公式ツイッターも「世界最薄ジャージで有名」などと今大会何度も投稿し、SNS上でも存在感を見せている。オーストラリア代表「ワラビーズ」の公式ツイッターにも「バクサン、サポートをありがとう! あなたが試合を楽しむことを望んでいます」とエールを送られた。

 果たして「バクサン」とは誰なのか。スタジアムに行けばすぐにわかる。ユニークな発想で注目を浴びるのは、元ラガーマンの森山漠(ひろし)さんだ。世界的祭典の反響に「W杯に入ってから凄すぎてビックリしてます。ツイッターのフォロワーも4倍くらいになりました。もうついて行かれへん」と驚くばかり。「バクさん」の愛称で親しまれ、元オーストラリア代表のレジェンドSOマット・ギタウ(サントリー)も2ショット動画を投稿。各国の記者も画像や動画を次々とツイートし、一躍有名人だ。

 53歳の森山さんが、ボディーペイントでの応援を始めたきっかけは5年前だった。トップリーグを観戦した時のこと。「W杯の開催国なのにあまり盛り上がってなくて、ラグビー場の雰囲気も静かだったんですよ。面白くないなぁと思って。もっと楽しみたい」。目にしたのは、スーパーラグビー「ブルーズ」の応援で上半身をチームカラーと同じ青色に塗った海外のファン。「青で塗っていただけだったので、僕はジャージの色(デザイン)にしました」とアレンジして今の姿になった。

 トップリーグの試合から始め、妻や友人にボディーペイント専用の絵具で前も後ろも塗ってもらうという。「難しいんですよ」と胸に刻まれた各国のエンブレムも忠実に再現し、時には1時間半もかかることも。しかし、固まれば色を落とすのは簡単で「これ、剥がれるんです。1時間半で作って1分で脱げます」と落とすのではなく、色を“脱ぐ”そうだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集