[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NEC、反撃及ばず開幕6連敗 16チーム中唯一の未勝利に主将「非常に厳しい状況」

ラグビーのトップリーグ(TL)第6節は22日、秩父宮ラグビー場でNECとリコーが対戦。初勝利を目指したNECだったが、12-26で敗れ、開幕6連敗となった。

開幕6連敗を喫しうなだれるNEC【写真:宮内宏哉】
開幕6連敗を喫しうなだれるNEC【写真:宮内宏哉】

風上に立った後半立ち上がりのプレーを悔やむ

 ラグビーのトップリーグ(TL)第6節は22日、秩父宮ラグビー場でNECとリコーが対戦。初勝利を目指したNECだったが、12-26で敗れ、開幕6連敗となった。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 強い風が吹く中での一戦。前半、風下だったNECは自陣で耐える展開が続き、リコーに13分、29分にトライを献上。12点のビハインドで折り返した。それでも亀井亮依主将は「12点を追いかけていたが、非常にポジティブな感覚だった」と言う。風の不利を受ける中では十分に想定内。むしろ手応えを感じる内容だったという。

 しかし最大の誤算は風上に立った後半の立ち上がりだった。スタートのキックオフをリコーに獲得され、早々にトライを奪われてしまう。主将は「後半のスタート、キックオフからボールを取られて、相手のスコアから始まってしまった。あそこでしっかり取れていればと思っていたが……。あそこが残念でした」と唇をかんだ。

 0-19となって以降は意地を見せ、後半21分にSH中嶋大希のトライで反撃ののろし。さらにその4分後にもFB吉廣広征のトライで1トライ1ゴール差まで詰め寄った。しかしここまでだった。

 16チームで唯一、開幕から白星がない。亀井主将は「勝ちがなく非常に厳しい状況」と肩を落とすが、内容が悪いわけではない。浅野良太ヘッドコーチは、初勝利への改善点を聞かれると「今日の失点パターンは我々のミス、反則。良かったのはそれを繰り返さなかったこと。我々がボールを持っている時間を長くする。戦う場所をよりゴールラインに近づける。そういったことをやり続けること」と前を向いた。

 NECは次戦(29日・秩父宮)で第5節まで4勝1敗と好調のクボタと対戦する。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集