[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トップリーグ開幕節、観客動員は昨季から3万人増 最多の神戸は2万3004人で約4倍

国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)が12日に全国各地で開幕。秩父宮ラグビー場では日野―NTTコム戦が全国一番乗りとなる午前11時半に開始され、観衆は1万7072人と発表された。試合は29-10でNTTコムが勝利。同会場の第2試合では、リーチ・マイケル擁する東芝が26-19で松島幸太朗と流大らのいるサントリーを撃破。観衆は2万1564人まで増えた。

東芝ーサントリー戦には2万1564人の観客が集まった【写真:奥井隆史】
東芝ーサントリー戦には2万1564人の観客が集まった【写真:奥井隆史】

神戸製鋼―キヤノン戦には2万3004人大観衆、秩父宮も2万人超

 国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)が12日に全国各地で開幕。秩父宮ラグビー場では日野―NTTコム戦が全国一番乗りとなる午前11時半に開始され、観衆は1万7072人と発表された。試合は29-10でNTTコムが勝利。同会場の第2試合では、リーチ・マイケル擁する東芝が26-19で松島幸太朗と流大らのいるサントリーを撃破。観衆は2万1564人まで増えた。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 秩父宮ラグビー場で金曜夜開催だった8月31日の昨シーズン開幕戦、キャノン―東芝戦は9477人。翌日午後4時半開始のNEC―トヨタ自動車は4079人、同7時開始のリコー―ホンダは6312人だった。同会場の開幕戦を比較すると、今季の日野―NTTコム戦は約1.8倍の7595人増。昨秋のワールドカップ(W杯)効果が数字に現れた。

 この日最大の観衆を集めたのは連覇を目指す神戸製鋼と日本代表、田中史朗と田村優を要するキヤノンの一戦。会場の神戸ユニバー記念競技場には2万3004人が駆け付けたが、これは昨年の同会場での開幕戦(神戸製鋼―NTTコム、5430人)の約4倍。また熊谷ラグビー場で行われたパナソニック―クボタは1万7722人。昨年も同じカードでの開幕戦(金鳥スタジアム)は4199人だからこちらも4倍超だった。

 開幕節の8試合合計の観客動員数は11万6737人で、昨年の8万3719人を3万3018人上回った。昨年は金曜夜の開幕で、開催日や会場のキャパの違いはあれ、盛り上がりの大きさは数字が証明している。

【開幕カードの観客動員数】

●秩父宮
日野―NTTコム 1万7072人
東芝―サントリー 2万1564人

●花園
リコー―Honda 7318人
NTTドコモ―三菱重工 8856人

●ヤマハ
ヤマハ発動機―トヨタ自動車 1万3985人

●ユニバ
神戸製鋼―キヤノン 2万3004人

●レべスタ
宗像サニックス―NEC 7216人

●熊谷
パナソニックークボタ 1万7722人

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集