[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リーチ擁する東芝、松島&流のサントリー撃破 W杯彷彿、2万人が「リーチ!」コール

国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)が12日に全国各地で開幕。秩父宮ラグビー場では東芝―サントリー戦が行われ、東芝が26-19で勝利を手にした。東芝はNO8リーチ・マイケル、サントリーはSH流大、FB松島幸太朗が先発。2万1564人の観客が集まった中、日本代表同士の戦いは盛り上がりを見せた。

大歓声を浴びたリーチ・マイケル【写真:奥井隆史】
大歓声を浴びたリーチ・マイケル【写真:奥井隆史】

日本代表同士の対決が実現

 国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)が12日に全国各地で開幕。秩父宮ラグビー場では東芝―サントリー戦が行われ、東芝が26-19で勝利を手にした。東芝はNO8リーチ・マイケル、サントリーはSH流大、FB松島幸太朗が先発。2万1564人の観客が集まった中、日本代表同士の戦いは盛り上がりを見せた。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 昨秋の友が敵に変わった。日本代表が名を連ねた一戦。先制したのは東芝だ。前半8分、敵陣残り5メートルのラックから左にパスを出すと、最後はFLシオネ・ラベマイが先制トライ。ゴールも奪って7-0とした。

 18分には相手のこぼした球をサントリーがハーフウェイライン手前からキックで前へ。さらに松島が快足を生かして転がるボールを蹴り出し、敵陣残り5メートルまで運ぶ約50メートルのゲインに成功した。ビッグプレーを見せると、ラックからFL西川征克が左隅にトライ。ゴールも含め7-7の同点に追いついた。

 しかし、28分に西川がショルダーチャージによる危険なプレーで一発退場。サントリーは早くも数的不利を強いられる展開となった。一方、東芝はリーチがボールを持つたびに満員のスタンドから一斉に「リーチ!」とコールが起きた。W杯で一世風靡した「リーチ・コール」がトップリーグでも沸き起こる熱狂ぶり。終盤は敵陣で攻撃を続けると、終了間際にSH小川高廣がトライを決めて15-7と東芝リードで前半を折り返した。

 後半は開始早々に松島が見せた。7分、仁王立ちした状態から体の中央でパスを受けると、そのまま上半身を折り曲げ、股の下を通してお尻の方向へパスを出した。大外にいたWTBテビタ・リーが受け取り、左隅に一時同点のトライ。トリッキーなプレーにどよめきと大歓声が上がった。16分にも、松島が自陣残り5メートルのピンチで大外の相手にスピードを生かした決死のタックル。世界で戦った実力を国内リーグでも見せつけた。

 しかし、1人多い東芝は12-12の21分にWTB松岡久善がトライ。ゴールも奪って19-12とした。29分にもPR三上正貴のトライにゴールを加え、26-12と引き離した。37分にはサントリーがワントライ、ワンゴール差まで迫ったが、反撃を封じ切った。ノーサイドで健闘を称え合い、両チーム並んで観衆にお辞儀していた。

 試合後、会場でインタビューを受けたリーチは「開幕戦に多くの方が来てくれたことはとても幸せ、勝って何よりもうれしいです。入りは凄く良くて東芝らしいゲームができた。修正することはたくさんある。来週へ向けていい準備をしたい」と振り返っていた。

 サントリーは18日の第2節でNTTコム(秩父宮)と、東芝はNTTドコモ(花園)と対戦する。今季は5月9日の最終15節まで16チームによる総当たりのリーグ戦で優勝を争う。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集