[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「これが日本の勝利の真の理由だ」 国際映像に映った謎のサポーターに海外騒然【W杯名珍場面】

サッカーワールドカップ(W杯)が開幕した。森保一監督が率いる日本代表をはじめ、32か国がカタールに集い、世界一を目指す。4年に一度の大舞台を盛り上げるべく、2018年ロシア大会をプレーバック。記憶に新しい前回を振り返り、観戦ムードをさらに高める。今回は日本が金星を挙げた1次リーグ初戦で話題になった“サポーター”。ゴール裏に陣取る様子が国際映像にも映り込み、「これが日本の勝利の真の理由だ」と海外メディアに特集されたほどだった。

2018年ロシア大会でもスタンドを青く染めた日本のサポーター【写真:Getty Images】
2018年ロシア大会でもスタンドを青く染めた日本のサポーター【写真:Getty Images】

2018年ロシア大会を振り返るサッカーW杯名珍場面

 サッカーワールドカップ(W杯)が開幕した。森保一監督が率いる日本代表をはじめ、32か国がカタールに集い、世界一を目指す。4年に一度の大舞台を盛り上げるべく、2018年ロシア大会をプレーバック。記憶に新しい前回を振り返り、観戦ムードをさらに高める。今回は日本が金星を挙げた1次リーグ初戦で話題になった“サポーター”。ゴール裏に陣取る様子が国際映像にも映り込み、「これが日本の勝利の真の理由だ」と海外メディアに特集されたほどだった。

 サムライブルーに染まったスタンド。この異様ないでたちを覚えているだろうか。

 サポーターたちの中に、カエルがいた。といっても、本物ではなく、カエルの被り物。両手を広げ、声援を送っている。異様に見えるが、実はJリーグファンには知られた存在。愛媛FCの熱烈サポーター「一平くん」だった。この姿が世界に注目された。

「日本のW杯マスコット、イッペイ・ザ・フロッグは我々の新たなお気に入りだ」と特集したのは、米大手ポータルサイト「ヤフースポーツ」だった。

「世界よ、イッペイ・ザ・フロッグを紹介する時が来た。イッペイクンは日本のW杯マスコットであり、彼はひと言で言えば全てだ。

 彼は日曜にロシアに来た。なぜ我々がそれを知ったかというと、イッペイクンはTwitterアカウントを持ち、彼のW杯での活動を念入りに報告しているからだ」

 正式には「日本のW杯マスコット」ではないが、脚光を浴びたのは事実。きっかけは一平くんの熱心なツイートだった。ロシア入り後、どこか勝ち気な口調でシュールな投稿を連発。カエル姿のまま地下鉄に乗って移動し、車内でロシア少女の奇異な視線を浴びる姿を掲載するなど、1日10件以上のツイートを行っていた。

 インドメディア「India Times」も「これが日本の勝利の真の理由だ――彼らのFIFAW杯のカエルマスコットだ」と一平くんを“勝利の使者”として特集。また、米スポーツサイト「SBネーション」は公式ツイッターで「これは何」と題し、投票機能で「カエル」「ヤモリ」の2択でアンケートを実施していた。

 こんな風にピッチ外の様子まで話題を呼ぶのもW杯ならでは。カタール大会ではゴミ拾いをする日本人サポーターが注目を浴びるなど、さっそく関心を集めている。ドイツを破って大金星を挙げた日本。ここから、どんな予期せぬ“ヒーロー”が生まれ、世間の注目を集めるだろうか。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集