[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

不動の右SBはカフェ経営者に転身 QBKに旅人も… 神様率いた06年ドイツW杯日本代表の今

カタール・ワールドカップ(W杯)大会で7大会連続7回目の出場となるサッカー日本代表。“神様”ジーコ監督のもと、テクニカルな選手を揃えた2006年ドイツ大会は世界に対抗できると言われたチームだった。今でも語り草となっているサプライズ選出、引退後にカフェやヘアエステサロン経営も行うDF、流行語にもなった「QBK」、今大会を最後に“旅人”に転身した大黒柱など、23人のメンバーは話題に事欠かなかった。

2006年ドイツ大会グループリーグ・ブラジル戦の日本代表先発イレブン【写真:Getty Images】
2006年ドイツ大会グループリーグ・ブラジル戦の日本代表先発イレブン【写真:Getty Images】

【大会別日本代表の今】“神様”ジーコ監督の力も及ばず、グループリーグ敗退

 カタール・ワールドカップ(W杯)大会で7大会連続7回目の出場となるサッカー日本代表。“神様”ジーコ監督のもと、テクニカルな選手を揃えた2006年ドイツ大会は世界に対抗できると言われたチームだった。今でも語り草となっているサプライズ選出、引退後にカフェやヘアエステサロン経営も行うDF、流行語にもなった「QBK」、今大会を最後に“旅人”に転身した大黒柱など、23人のメンバーは話題に事欠かなかった。

【注目】あなたの健康状態を可視化し、健康な毎日をサポートするサービス「FitStats」 今なら登録&利用で全員もらえるキャンペーン実施中

 4年前の日韓大会でメンバー外となったMF中村俊輔はジーコ監督から絶大な信頼を得てチームの中心選手に成長。今回は順当にメンバーに選出された。一方、世界基準のポテンシャルを秘めたFW久保竜彦がコンディション不良でまさかの落選。代表発表会見で指揮官が最後に「マキ」と読み上げ、最後の最後にFW巻誠一郎がメンバーに滑り込んだ。

 巻は38歳だった2018年限りで現役を引退。地元熊本で飲食店などを経営していたこともあった。2016年の熊本地震や2018年の集中豪雨の際に積極的な災害支援を行ったこともあり、現在はタレント業の傍ら、障害児向け放課後デイサービスなどのプログラムを構築し、経営者として活躍している。

 大会直前のドイツ・ボン合宿では指揮官が信頼を寄せていたDF田中誠が負傷でチームを離脱。追加招集となったDF茂庭照幸はバカンス中だったハワイから急遽ドイツ入りした。本大会でも初戦のオーストラリア戦で先発のDF坪井慶介が負傷したため、途中出場も果たしている。

 大会前のドイツ代表との親善試合でシュバインシュタイガーのラフプレーで負傷したDF加地亮。W杯本番は初戦こそ欠場したが、2戦目クロアチア戦、3戦目ブラジル戦にフル出場。2017年に引退してからは、2011年にオープンしていた古民家カフェ「CAZIカフェ」(大阪府箕面市)の経営に本腰を入れ、ヘアエステサロン「cazi」(兵庫県神戸市)のオーナーとしても活躍している。

 クロアチア戦で加地の絶好クロスに詰めながら、ゴール前でまさかのシュートミスで得点機を逃したFW柳沢敦。2002年日韓大会から2大会連続出場のエースだったが、このプレーには批判が集中した。試合後「急にボールが来たので」というコメントとともに、言葉の頭文字をとった「QBK」は2007年版「現代用語の基礎知識」にも掲載されるなど流行語にもなった。

 柳沢は2011年にベガルタ仙台に移籍したが、同年3月に東日本大震災に被災。ボランティア活動にも積極的に参加し、被災地のために活動した。引退後、鹿島アントラーズのコーチだった2018年に不祥事を起こして辞任したが、現在は鹿島ユースの監督を務めている。

 1998年フランス大会から3大会連続出場となったMF中田英寿。ブラジル戦での敗戦後はピッチに仰向けに倒れ込み、大会後には自身のHPで代表だけでなく現役からの引退も表明した。以後は“旅人”として世界各地を渡り歩き、国連プロジェクトなどにも参加。現在も社会貢献活動や日本文化支援などを行っている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集