[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エース・大谷翔平はシンダーガード獲得でも揺るがず 米メディア「大谷に次ぐ2番手」

大谷翔平投手の所属するエンゼルスは、メッツからFAとなっていたノア・シンダーガード投手と1年契約で合意したと発表した。最速163キロの豪腕は、今季投壊状態だった球団待望の補強となるが、米メディアは「オオタニに次ぐ完璧な2番手」と分析。エース大谷の座は揺るがないと見ている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

メッツで通算47勝も、怪我により最近2年間は0勝

 大谷翔平投手の所属するエンゼルスは、メッツからFAとなっていたノア・シンダーガード投手と1年契約で合意したと発表した。最速163キロの豪腕は、今季投壊状態だった球団待望の補強となるが、米メディアは「オオタニに次ぐ完璧な2番手」と分析。エース大谷の座は揺るがないと見ている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 エンゼルスが大型補強第1弾に成功した。29歳のシンダーガードは198センチの長身右腕。最速101マイル(約163キロ)の速球を武器に、2015年にメジャーデビュー後、16年に14勝を挙げブレーク。18年に13勝、19年に10勝を記録するなどメッツのエースとして活躍した。トミー・ジョン手術の影響で20年は全休し、今季登板は2試合に終わったが、エンゼルスは豪腕復活を期待しての補強となる。

 米スポーツメディア「ブリーチャー・レポート」もシンダーガードの契約合意を報道。シンダーガードが最後に1シーズン稼働した2019年シーズンの防御率4.28はキャリアで最も悪い数字だったが、セイバーメトリクスの指標「WAR」では4.3という高い数値を叩き出していたことを紹介した。

「もしも、シンダーガードが来季このレベルの投球をするなら、彼はロサンゼルスにとって、オオタニに次ぐ、完璧に計算できる先発2番手となるだろう」と記事では言及。シンダーガード加入後も、エース大谷の座は揺るがないとしている。

「エンゼルスはプレーオフ進出のためにあらゆることをなすべき。オオタニとマイク・トラウトは数世代に一度の才能で、球団はポストシーズンの脅威となるべく、彼らの周りを十分に固めることができていない」と厳しい言葉も。「トラウタニ」コンビのプレーオフ進出に補強の重要性を訴えていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集