[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、米記者はMVPライバルにもはや同情「他の年なら」「辛いがそういう年だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、ア・リーグMVPの最終候補3人に名を連ねた。米メディアは、両リーグのMVPなどについて所属記者の座談会を実施。ア・リーグMVPについては「誰に彼以上の価値がある?」などと大谷をプッシュ。今季17勝を挙げた名投手と、レッドソックスのレギュラー遊撃手を引き合いに出しながら「アメージングで勝負強い。MVPだ」と指摘している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ア・リーグMVP最終候補3人に残る

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、ア・リーグMVPの最終候補3人に名を連ねた。米メディアは、両リーグのMVPなどについて所属記者の座談会を実施。ア・リーグMVPについては「誰に彼以上の価値がある?」などと大谷をプッシュ。今季17勝を挙げた名投手と、レッドソックスのレギュラー遊撃手を引き合いに出しながら「アメージングで勝負強い。MVPだ」と指摘している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 日米で今季話題となり続けた大谷。1年を通して二刀流を続け、打ってはメジャー3位の46本塁打、投げてもチーム最多の9勝を記録した。ブラディミール・ゲレーロJr.、マーカス・セミエン(ともにブルージェイズ)とア・リーグMVPの最終候補に残ったが、米スポーツメディア「ブリーチャー・リポート(BR)」は「BRの記者座談会が選ぶ21年のMVP、サイヤング賞、新人王」と題した記事を掲載。大谷らに注目している。

 記事の座談会には、同メディアのMLB番ジョエル・ロイターとザカリー・ライマーの2人の記者が登場。ア・リーグMVPについて、ロイター記者は「私はゲレーロJr.が大好きだ。他の年なら彼がMVPを獲得していただろう」と打率.311、48本塁打、111打点を記録したゲレーロを称賛している。

 しかし、ロイター記者は直後に「オオタニが2021年にやったことは誰も見たことがないんだ。チーム最高の打者であり、最高の投手。誰に彼以上の価値があるというんだ?」と語っている。結局、MVPに相応しいのは大谷だと感じているようだ。

 一方、ライマー記者は「出塁率、長打率、得点、本塁打でリーグトップの数字を出しながらMVPになれないのは辛いことだが、今年はそういう年だった」とゲレーロに同情。その上で「オオタニは投手としてアダム・ウェインライト以上のWARを稼ぎ、打者としてザンダー・ボガーツ以上のWARを稼いだ。1人の選手でこれはおかしなことだ。そしてもう1つ。ハイ・レバレッジ(勝敗に重要な影響を与える局面)でのOPSは1.276なんだ。アメージングで勝負強い。MVPだ」と結論付けていた。

 40歳のウェインライト(カージナルス)は、年間20勝を2度、2ケタ勝利を11度記録している名投手。今季も防御率3.05で174奪三振、17勝7敗と好成績を残した。一方のボガーツ(レッドソックス)は正遊撃手として144試合に出場。打率.295、23本、79点と打撃でも貢献した。大谷はWARではこの2人を凌ぐほどだったとライマー記者は指摘。いかに歴史的なシーズンであったかを伝えていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集