[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルスは「オオタニ’sワールド」 海外メディアの“球団別表彰”で異質さ明らかに

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季二刀流で歴史的シーズンを送った。打ては46本塁打、投げては9勝を記録。主砲とエースの役割を果たしたが、カナダメディアは各球団の今季MVP、最優秀投手などを選出。エンゼルスは“ほぼ大谷”のラインナップとなっており「ここはオオタニ's ワールド」「二刀流センセーションは何でもこなす」などと絶賛している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

カナダメディアはエンゼルスのMVPなど3項目に大谷を選出

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季二刀流で歴史的シーズンを送った。打ては46本塁打、投げては9勝を記録。主砲とエースの役割を果たしたが、カナダメディアは各球団の今季MVP、最優秀投手などを選出。エンゼルスは“ほぼ大谷”のラインナップとなっており「ここはオオタニ’s ワールド」「二刀流センセーションは何でもこなす」などと絶賛している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 大谷は今季野手としては打率.257、46本塁打、100打点、26盗塁。投げても130回1/3を投げて9勝2敗、防御率3.18、奪三振156と、投打に主力として1年間を戦い続けた。ア・リーグMVPの最有力候補にも挙がっているが、カナダメディア「ザ・スコア」は各球団の「MVP」「最優秀投手」「最優秀躍進選手」「失望させた選手」「最優秀新人」の5項目を選出。エンゼルスは最初の3項目で大谷が選ばれている。

 MVPは野手が多く、最優秀投手と同一選手が選ばれているのは、エンゼルスとブルワーズ(コービン・バーンズ)、マーリンズ(サンディ・アルカンタラ)のみ。「最優秀躍進選手」と3つに選ばれたのは大谷が唯一だ。

 エンゼルスの寸評では「ここはオオタニ’s ワールドであり、我々はその中で生きているだけである。二刀流センセーションは何でもこなす。本塁打数はメジャー3位、長打率は4位、盗塁は8位。投手としてはエンゼルスで最多の9勝。(米野球専門データサイトの)ファングラフスによると、投球回130回以上で奪三振率10.8はア・リーグ5位だ。今季、オオタニは投打合わせたfWARでどの選手よりも高い8.1をマークした」と優れた数値であることが伝えられている。

 今回の“球団別表彰”では、大谷の異質さが明らかとなっていた。なおエンゼルスの「失望させた選手」には2勝9敗、防御率6.06に終わったディラン・バンディ投手、「最優秀新人」には70試合に出場したブランドン・マーシュ外野手が選ばれている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集