[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平へ“故意死球”騒動 出場停止の敵将が不満「我々は3人当てられ、1人は頭」

米大リーグ機構は18日(日本時間19日)、ホワイトソックスのマイク・ライトJr.投手に3試合出場停止と罰金処分、トニー・ラルーサ監督にこの日の敵地レンジャーズ戦の出場停止処分と罰金処分を科した。16日(同17日)のエンゼルス戦でライトJr.が投げた大谷翔平投手への1球が“故意死球”とみなされたことに対する処分。同監督は「不公平さに私は腹が立つ」と18日のコメントを米メディアは伝えている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ホワイトソックス指揮官が主張

 米大リーグ機構は18日(日本時間19日)、ホワイトソックスのマイク・ライトJr.投手に3試合出場停止と罰金処分、トニー・ラルーサ監督にこの日の敵地レンジャーズ戦の出場停止処分と罰金処分を科した。16日(同17日)のエンゼルス戦でライトJr.が投げた大谷翔平投手への1球が“故意死球”とみなされたことに対する処分。同監督は「不公平さに私は腹が立つ」と18日のコメントを米メディアは伝えている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 16日の試合の9回2死、大谷の右ふくらはぎ付近に死球。“故意死球”とみなされ、激しく抗議したラルーサ監督は退場処分を受けていた。故意ではないことを主張していたが、米放送局「NBCシカゴ」は「ショウヘイ・オオタニにぶつけたホワイトソックスのマイク・ライトが出場停止に」の見出しで記事を掲載している。

 記事では「『審判の決定にはがっかりした』とラルーサ監督は土曜、敵地アーリントンで語った」と指揮官のコメントを紹介。こう不満を漏らしているという。

「判定が公平だったとは思えない」「だってあの1球だけだったからだ。それまでにたくさん危ない球があった。我々は3人が当てられ、1人は頭だ。それにアブレイユは19回目の死球。誰もそこに注意を払っていない。その不公平さに私は腹が立つ」

 記事では、ホワイトソックス投手陣が3連戦で「オオタニを13打数2安打7奪三振と抑え込んでいた」と説明。その上で歴代5位となる通算91度目の退場処分を受けていたラルーサ監督は「3日間のオオタニへの投球を見れば分かると思うが、最も重要なのは内角外角、高め低めと、真ん中付近に球を投げないことだった」としている。ライトJr.は異議を申し立てている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集