[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上のニュース一覧

  • サニブラウン「体力的にきつかった」 反省と同時に収穫強調「頭も使って走れた」

    2019.06.30

    世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は30日、福岡・博多の森陸上競技場で男子200メートル決勝が行われ、100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が20秒35(向かい風1.3メートル)で100メートルに続く2冠を達成した。100メートル2位の雪辱を目指した桐生祥秀(日本生命)は20秒54で3位、予選トップ通過の小池祐貴(住友電工)は20秒48で2位となった。

  • 【日本選手権200m全結果】サニブラウンが世陸内定 小池が0秒13差で2位、桐生は3位

    2019.06.30

    世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は30日、福岡・博多の森陸上競技場で男子200メートル決勝が行われ、100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が20秒35(向かい風1.3メートル)で100メートルに続く2冠を達成した。

  • サニブラウン、20秒35で2冠達成! 100mとの2度目2冠は40年ぶり3人目快挙

    2019.06.30

    世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は30日、福岡・博多の森陸上競技場で男子200メートル決勝が行われ、100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が20秒35(向かい風1.3メートル)で100メートルに続く2冠を達成した。

  • サニブラウンフィーバーの裏で… 報道陣300人集結でネット不通、現場にも熱狂の余波

    2019.06.29

    男子100メートルで盛り上がった28日の陸上日本選手権(福岡・博多の陸上森競技場)。9秒97の日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)、自己ベスト9秒98の桐生祥秀(日本生命)が出場し、史上初の日本勢9秒台対決だった。平日にも関わらず1万4000人の観衆が集結。9秒台こそならなかったが、サニブラウンが大会新記録10秒02で出場2大会連続優勝を飾った。ファンを大いに盛り上げた裏で、注目の一戦に詰めかけた報道陣にも熱狂の影響が表れていた。

  • 小池祐貴、予選1位も「思ったより…」 打倒サニブラウンへ「やるだけやってみて」

    2019.06.29

    世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は29日、福岡・博多の森陸上競技場で男子200メートル予選が行われ、100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)は、20秒84(向かい風1.8メートル)の3組1位(全体2位)で決勝に進出した。全体1位は100メートルで3位だった小池祐貴(住友電工)の20秒62(向かい風0.1メートル)。決勝では打倒サニブラウンを目指す。

  • 2冠に王手のサニブラウン、決勝で夢の日本記録更新へ「ちゃんとやれば出るのかな」

    2019.06.29

    世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は29日、福岡・博多の森陸上競技場で男子200メートル予選が行われ、100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が準決勝3組に登場。2017年大会覇者は、20秒84(向かい風1.8メートル)の3組1位(全体2位)で決勝に進出した。

  • サニブラウン、余裕の全体2位 小池が全体1位、桐生は全体5位で30日の決勝へ

    2019.06.29

    世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は29日、福岡・博多の森陸上競技場で男子200メートル予選が行われ、100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が準決勝3組に登場。2017年大会覇者は、20秒84(向かい風1.8メートル)の3組1位(全体2位)で決勝に進出した。

  • サニブラウン、200m20秒84の全体2位で決勝へ 出場2大会連続2冠に王手

    2019.06.29

    世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は29日、福岡・博多の森陸上競技場で男子200メートル予選が行われ、100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が準決勝3組に登場。2017年大会覇者は、20秒84(向かい風1.8メートル)の3組1位(全体2位)で決勝に進出した。

  • サニブラウン、“ワニポーズ”で覗かせた母校愛 米も祝福「偉大なゲイター」

    2019.06.29

    陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で2年ぶりの優勝。世界選手権の代表に内定した。9秒台こそ出なかったが、圧巻のスピードでライバル桐生祥秀(日本生命)に完勝したサニブラウンは、レース後に謎のポーズを繰り出していたことが話題を呼んでいたが、その由来となっているフロリダ大の体育会も祝福している。

  • サニブラウン、「なんだかなぁ」の感覚でV 反応速度“ブービー”も巻き返す地力の差

    2019.06.28

    陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で出場2大会連続Vを飾った。世界選手権の代表内定となった。前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)10秒16で2位、小池祐貴(住友電工)が10秒19で3位だった。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集