[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、傷一つ負わなかった“戦慄70秒KO”から3年 海外未だ衝撃「怪物たる所以」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)がかつて披露した戦慄KO劇が再び脚光を浴びている。2018年のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦でフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を破ってから、今日7日で3年が経過。大会公式が秒殺劇の映像を公開しているが、海外ファンは未だに衝撃を受けているようだ。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

WBSS1回戦パヤノ戦に再脚光

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)がかつて披露した戦慄KO劇が再び脚光を浴びている。2018年のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦でフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を破ってから、今日7日で3年が経過。大会公式が秒殺劇の映像を公開しているが、海外ファンは未だに衝撃を受けているようだ。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 試合開始わずか70秒で勝負は決した。井上は左ジャブから、すかさず右ストレートを放った。強烈な一撃が顎を射抜くと、パヤノは仰向けに卒倒。立ち上がることができない。近寄っていたレフェリー試合を止め、横浜アリーナは一層大きな歓声で包まれた。傷ひとつない綺麗な顔の井上は、コーナーポストで観客に向けてガッツポーズをしてみせた。

 井上は、試合前のインタビューでは「最後はKO狙ってフィニッシュしたい」と語っていた。WBSS公式インスタグラムは「イノウエが有言実行だ!」などと文面につづり、KOの瞬間を公開。海外ファンからは「ヤバッ」「モンスターと呼ばれるのには理由がある」「なんて悪い男だ」「モンスタァァァ」「ワオ」とコメントが寄せられている。

 元WBA同級スーパー王者だったパヤノを倒したこのKO劇は、権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」の2018年「年間最高KO」に選出された。3年経ってもその衝撃は色褪せていない。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集