[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織圭が笑顔で謝罪 相手のユーモア溢れる“首切りサイン”に注目「怒らせちゃダメ」

テニスの「BNPパリバ・オープン」は7日(日本時間8日)、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク53位の錦織圭(日清食品)が同182位ジョアン・ソウザ(ポルトガル)に2-1で逆転勝ちした。試合前、ウォームアップ中にはちょっとしたハプニングも。錦織が練習で放ったサーブがソウザに当たってしまった映像をATP公式中継サイト「テニスTV」が公開。ユーモアなやりとりが注目された。

BNPパリバ・オープン初戦で逆転勝ちした錦織圭【写真:AP】
BNPパリバ・オープン初戦で逆転勝ちした錦織圭【写真:AP】

錦織は「BNPパリバ・オープン」初戦に逆転勝ち

 テニスの「BNPパリバ・オープン」は7日(日本時間8日)、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク53位の錦織圭(日清食品)が同182位ジョアン・ソウザ(ポルトガル)に2-1で逆転勝ちした。試合前、ウォームアップ中にはちょっとしたハプニングも。錦織が練習で放ったサーブがソウザに当たってしまった映像をATP公式中継サイト「テニスTV」が公開。ユーモアなやりとりが注目された。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 熱戦を制した錦織。ウォームアップでは相手からジョークを送られた。練習でサーブを放つと、その先にいたソウザのお尻にボールが当たってしまった。ソウザは錦織を見つめ、右手に持ったラケットで首を横向きに斬るようなジェスチャーを披露。もちろんこれは冗談で、当ててしまった錦織は笑顔で謝罪。ソウザも笑い、最後は親指を立てていた。

 実際の映像を「テニスTV」公式インスタグラムが公開。「ジョアン・ソウザを怒らせちゃダメ」と文面につづると、海外ファンから「もっと頻繁に起きてもおかしくなさそうだよね」「アクシデントは起きるよね」「ユーモアある」「ハッハッハ」などと反響が書き込まれた。

 また、ATPのスタッツやTVグラフィックのオペレーター、エンリコ・マリア・リバ氏もツイッターで「ウォームアップ中に、ニシコリが間違ってソウザのお尻にボールを当てたため2人とも笑っていた」と紹介。この後の試合で、錦織は第1セットを失ったものの逆転。予選勝者ソウザを下し、2回戦進出を決めている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集