[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、POで感じた高3アマ佐藤心結の凄み「肝が据わっている。本当に強くなる」

女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終ラウンド(R)は10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で行われ、2打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)が約1年11か月ぶりの復活優勝を遂げた。6バーディー、2ボギーの68で回り、通算10アンダーで並んだ明秀学園日立高3年の佐藤心結(みゆ)、木村彩子(富山常備薬グループ)、ペ・ソンウ(韓国)とのプレーオフで粘り勝ち。海外メジャー1勝を除き、国内ツアー通算5勝目となった。渋野は会見では、勝てなかった間の心境などを振り返った。

表彰式で記念撮影に応じる渋野日向子(左)と佐藤心結【写真:Getty Images】
表彰式で記念撮影に応じる渋野日向子(左)と佐藤心結【写真:Getty Images】

スタンレーレディス、渋野日向子一問一答<3>

 女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終ラウンド(R)は10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で行われ、2打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)が約1年11か月ぶりの復活優勝を遂げた。6バーディー、2ボギーの68で回り、通算10アンダーで並んだ明秀学園日立高3年の佐藤心結(みゆ)、木村彩子(富山常備薬グループ)、ペ・ソンウ(韓国)とのプレーオフで粘り勝ち。海外メジャー1勝を除き、国内ツアー通算5勝目となった。渋野は会見では、勝てなかった間の心境などを振り返った。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

――復活優勝ですが、応援してくれたファンの方には。

「調子が悪い間にもたくさんの人に応援していただきました。先週の日本女子オープンは有観客試合で、こんなろくでもない私にまだ『頑張れ』と言ってくれる方々がいて、いろんなことを考えていた自分が情けないと思いました。そして、私も応援してくれている人のことを思っていたので、今回の優勝につながって良かったです」

――この優勝の意味合いは。

「いろいろ変えた新しい自分ですが、(全英女子オープン優勝、国内ツアー4勝の)2019年の自分もあって勝てたと思っています。前に『2019年の自分は捨てる』と言いましたが、それは間違っていました。

 今年、アメリカで戦っている時も、前のように攻める気持ちが強くなった日もあります。でも、『今、やっていることを続けていけば、2年前の自分よりも強くなると思っていました。間違っていないから優勝できたと思います。最後までめげずにやれたと思います』」

――米女子ツアーへの思いを改めて。

「飛距離の差を感じますし、選手たちは幼い頃から難しい芝でやっているので、私が悩んでいるのがおかしいと思うくらい簡単に打っています。だから、(米女子ツアーを主戦場にして)早くそのレベルに対応し、安定感のない自分を変えたいと思っています」

――今日は(女性)マネジャーさんの誕生日ですね。

「はい。だいぶ前から『スタンレーの最終日、優勝よろしく』と言われていたので、さっき、『有言実行しました』と伝えました。もう、感謝してもしきれない人なので、必要不可欠な人です。いろんな自由を奪っていると思いますし、言い合ったりすることもありましたが、辞めないでほしいです」

――今日、プレーオフで戦った(アマチュアの)佐藤心結選手の印象は。

「2ホールしか一緒にプレーしていませんが、『メンタルがすごく強い、肝が据わっているなと思いました』。プレッシャーがかかる中で、1ホール目にバーディーパットを入れてきたのを見て、『この子がプロになったら本当に強くなる』と思いました」

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集