[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ネリは敵じゃない 米選出「2020年必見の対戦」で激突期待のレジェンドは?

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会で優勝。パウンド・フォー・パウンドでも3傑入りするなど、2019年のボクシング界の主役の1人となったWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。海外メディアでは“2020年に見たいマッチアップ10傑”に、井上vs元五輪連覇王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)戦をピックアップ。寸評では「ルイス・ネリでは相手にならない」とし、メキシコの悪童ではモンスターに太刀打ちできないと分析している。

井上との対戦が期待される相手は?【写真:Getty images】
井上との対戦が期待される相手は?【写真:Getty images】

「ネリでは相手にならない」、米メディアは井上とリゴンドーの対決に期待

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で優勝し、パウンド・フォー・パウンドでも3傑入りするなど、2019年の主役の1人となったWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。海外メディアは“2020年に見たいマッチアップ10傑”に、井上VS五輪連覇王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)戦をピックアップ。寸評では「ルイス・ネリでは相手にならない」とし、メキシコの悪童ではモンスターに太刀打ちできないと分析している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

「今年実現が期待されるマッチアップ10選」を特集したのは、米ボクシングメディア「ボクシングインサイダー」だった。「マッチアップという点では、2019年のボクシング界は信じられないほど最高だった。だが、それは過去の話。ここでは今の話をしよう」と切り出した記事では、2020年のボクシング界に寄せられる大きな期待感について触れている。

 記事では、すでに2月に対戦が決定したデオンテイ・ワイルダーとタイソン・フューリーのWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、また自動車事故に遭ったWBC&IBF世界ウェルター級王者エロール・スペンスを候補から外し、ファン垂涎のマッチアップ10選を掲載。「デビン・ハニーVSガーボンタ・デービス」「サウル・アルバレスVSアーサー・ベテルビエフ」といった夢のマッチアップが並ぶ中、その大トリとして「Naoya Inoue」の名前が登場した。相手はスーパーバンタム級で2団体を制した“ジャッカル”の異名で知られるリゴンドーだった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集