[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日章学園、PK戦で8強ならず 1年生木脇は失敗で涙「3年間を終わらせてしまった」

第98回全国高校サッカー選手権は3日、3回戦が首都圏4会場で行われた。フクダ電子アリーナでは日章学園(宮崎)と四日市中央工(三重)が対戦。3-3の同点のままPK戦となり、3-4で日章学園が敗れ、8強入りを逃した。

PKを失敗して涙する日章学園・木脇【写真:宮内宏哉】
PKを失敗して涙する日章学園・木脇【写真:宮内宏哉】

全中Vメンバーの木脇、一時は勝ち越しゴールも

 第98回全国高校サッカー選手権は3日、3回戦が首都圏4会場で行われた。フクダ電子アリーナでは日章学園(宮崎)と四日市中央工(三重)が対戦。3-3の同点のままPK戦となり、3-4で日章学園が敗れ、8強入りを逃した。

 日章学園は1点を追う後半6分、MF鈴木陽平(3年)が右足で決めて同点に追いつくと、その4分後にはFWの木脇蓮苑(れおん・1年)がヘディングで勝ち越しゴールを決めた。

 その後、再逆転を許すものの、鈴木が後半18分にPKを決めて3-3とし、そのままPK戦に突入。3人ずつ成功で迎えた5人目で、先攻の四日市中央工が成功した後、日章学園は木脇がゴール左隅を狙うも、ポストに当たって失敗。四日市中央工の勝利が決まった。

 日章学園中3年時に全国選手権で優勝し、今大会も1年生ながら主力として活躍してきた木脇。最後は泣き崩れてうずくまり、味方選手に支えられて整列に向かった。「自分がPKを外して、3年生の3年間を終わらせてしまって悔しい気持ちでいっぱいです」と話した。

 早稲田一男監督は「よく1年生で2試合フルで出て頑張った。責められる要素はない」と木脇をかばった。「悔しい思いはどこかで忘れてしまうもの。それを忘れないように。失敗が失敗で終わらず、成功で終われるような選手になってほしい」と今後の成長に期待していた。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集