[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

だから、宇野昌磨は愛される 「頑張る時間が好き」、声に出して読みたい“昌磨語録”

言葉はアスリートの姿を映し出すと言われる。そういう意味では、この19歳が紡ぎ出す言葉はなんとも魅力的で、惹き込まれる。男子フィギュアスケートの宇野昌磨(中京大)のことだ。


宇野昌磨【写真:giacomello foto】

ロンバルディア杯、らしさ溢れた言葉の数々…「試合が好き」「頑張る時間が好き」

 言葉はアスリートの姿を映し出すと言われる。そういう意味では、この19歳が紡ぎ出す言葉はなんとも魅力的で、惹き込まれる。男子フィギュアスケートの宇野昌磨(中京大)のことだ。

 先週末に行われたロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)で見事に優勝。今季初戦で最高の滑り出しを見せ、運命の平昌五輪シーズンが幕を開けた。しかし、演技と同じくらい輝いていたのは、宇野の口からこぼれた言葉の数々だった。

 宇野といえば、飾らず、気取らず、自然体でありながら、かといって他の選手とはどこか違う、フレーズが飛び出す。今大会でもファンの話題を呼んだ“昌磨語録”をいくつか振り返る。

「僕は試合というものが好き。試合に向けて頑張る時間もすごく好き」

「ちょっと、今から楽になるなって思ってます、勝手に」

 ともに、前日練習後のコメントだ。前者は今季初戦を迎え、待ち切れない胸中を吐露。また、努力家らしさを感じさせる言葉でもある。一方、後者はオフに練習漬けの日々がいかに充実していたかを表現。なんとも宇野らしい言葉だ。そして、見事に優勝を決めたフリー後はさらに、フレーズの輝きが際立っていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集