[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コストルナヤ、“男子超えの衝撃”に海外メディア絶賛「史上最も技術的に困難なSPだ」

フィギュアスケートのロシア選手権は27日、女子ショートプログラム(SP)でグランプリ(GP)ファイナル覇者、アリョーナ・コストルナヤが驚異の89.86点をマークし、首位に立った。非公認ながら、自身の世界最高得点を大幅に上回る完璧な演技で男子SPより高得点をマーク。海外メディア、ファンも衝撃を受けている。

アリョーナ・コストルナヤ【写真:Getty images】
アリョーナ・コストルナヤ【写真:Getty images】

男子SP首位を上回る89.86点、海外ファン「本当に衝撃的だった」

 フィギュアスケートのロシア選手権は27日、女子ショートプログラム(SP)でグランプリ(GP)ファイナル覇者、アリョーナ・コストルナヤが驚異の89.86点をマークし、首位に立った。非公認ながら、自身の世界最高得点を大幅に上回る完璧な演技で男子SPより高得点をマーク。海外メディア、ファンも衝撃を受けている。

【PR】高校駅伝26年ぶり男女日本一の仙台育英 “名門復活”を叶えたコンディション作り

 GPファイナル女王がクラスノヤルスクから世界に衝撃を走らせた。コストルナヤは冒頭の3回転アクセルを決めると、3つのジャンプの要素を完璧にこなした。叩き出した得点は89.86点。国際スケート連盟(ISU)の非公認となるが、自身がGPファイナルでマークした85.45点を4.41点も上回るハイスコアとなった。

 驚きはそれだけではない。今大会の男子SP首位のマカール・イグナトフは88.88点。男子すら上回る得点を記録したのだ。米名物記者のジャッキー・ウォン氏は圧巻の高さで決めた3回転アクセルを動画付きで公開。さらに「コストルナヤが史上最も技術的に困難で、音楽的に繊細なSPを行った」と絶賛した。

 これに海外ファンも反応し、「本当に衝撃的だった。本当にキレイで再現するのは尋常でないほど難しい」「完全無欠」「彼女がこのプログラムを素晴らしく演技していることにいい意味で驚いている。毎回良くなっていっているね」「ロシア選手権の新女王」などとコメントが相次ぎ、度肝を抜かれた様子だった。

 また、IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」も「アリョーナ・コストルナヤがロシア選手権SPでライバルたちを一掃して首位に」と見出しを打って特集。「GPファイナル覇者が信じられないようなシニアデビューのシーズンをここでも継続している」と称賛し、驚異の得点でアンナ・シェルバコワ、アレクサンドラ・トルソワとともに同門で上位独占したと伝えた。

 勢いの止まらない16歳。28日に行われるフリーでさらなる衝撃を放つのか。海外の注目も高まっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集