[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥にまた脚光、米ヤフー選出“過去10年のPFP”で堂々の10傑入り 1位は?

ボクシングの世界バンタム級2団体王者・井上尚弥(大橋)。権威ある米専門誌「リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)の最新ランクでは3位に評価されるモンスターだが、米ヤフースポーツは2010年代のPFPを格付け。井上は9位で堂々の10傑入りを果たしている。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

2019年もまもなく終了、米ヤフースポーツが2010年代のPFPをランク付け

 ボクシングの世界バンタム級2団体王者・井上尚弥(大橋)。権威ある米専門誌「リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)の最新ランクでは3位に評価されるモンスターだが、米ヤフースポーツは2010年代のPFPを格付け。井上は9位で堂々の10傑入りを果たしている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 2012年にデビューし、8年目となった井上。今年は5月にWBSS準決勝でエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に2回1分19秒で圧巻のTKO勝利を収めると、11月の決勝では元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との死闘の末に判定で勝利。見事にバンタム級の頂点に立ち、2本のベルトを手にした。

 この活躍でリング誌のPFPは3位まで上昇。いよいよトップが見えてきた。一方で米ヤフーは年末企画として、過去10年のPFPトップ10を発表している。

 リード文では「パウンド・フォー・パウンドの王者を決めることはただでさえ至難の業である。10年間の中で決めようとするのも難しい。これは主観的なことであり議論の余地がある。本当の答えというわけではないが、ファンと専門家の意見を一旦忘れて決めてみようと思う。2010年代はスポーツ界にとって本当に黄金の時代だった。遺産と伝説が生まれた。そして誰がこの10年間で最高の選手なのか、これが我々の決めたトップ10の選手たちである」と前置きしたうえで、10人の名前を並べている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集