[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

かっこいいぜ、八重樫東…懸命に悔いなく、命を燃やした激闘王「練習は死ぬまでやる」

記録より記憶の人間「気持ちが燃えるのはボクサーとして幸せ」

 4月8日のノンタイトル戦。常々「負けたら引退」の覚悟で臨んできただけに、強いとは言えない相手を倒すと安堵感が体中に染みわたった。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

「その日の練習にモチベーションを感じてやってきた。やっぱり怖いですよね。勝たなきゃいけない試合ですし、チャレンジする試合よりも恐怖心が大きいですね。まだボクシング人生を続けられるのは凄く嬉しい。きっと会長が大きい試合を組んでくれると思う。それを信じて一日、一日を過ごすしかない。まだボクシング人生が続くことは凄く幸せなこと。今を生きていきたい。

 僕は記録の人間ではない。欲を言えば記憶の人間。みんなの記憶に残る試合がしたいし、燃えるような気持ちになれるのがボクサーとして幸せなこと。14年やってきたので、会長も最後に花道を作ってくれると思う。最後まで付き合ってくれるのかな。自分の中ではいつ集大成になってもいい。向かうところは一つ。終わりに向かっている。そこに向かって今を生きていきたい」

 巡ってきた世界戦のチャンスはフライ級。4階級制覇にはならないが「誰とやるか」と敵を見据えた。被弾数が増えていった8回。相手と距離ができ、一瞬の間を置いて叫んだ。「うあ゛ーー!」。大歓声の降り注ぐ横浜アリーナ。それでも、リングサイドに激闘王の叫びは響き渡った。だが、劣勢を打開できない。9回2分54秒。レフェリーにそっと抱きかかえられた。

「力不足です。止められたのは自分の力不足。相手が強かったというだけ。気合が足らなかった。今回は(3人の)子どもとか、家族とかではなく、全部自分のためだけにやってきた試合。そこで結果を出せなかったのは悔しいです。それもすべては自分の力のなさ、受け止めて考えたい」

 進退を保留。「もう厳しいか」と問われた大橋会長は「ちょっとなぁ……」と下を向いた。今後については歴戦のダメージも考慮しながら、2人で話し合う方針。壮絶なファイトは見られないかもしれない。だが、八重樫東が命を賭し、激しく闘った姿は色あせないはずだ。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集