[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界に衝撃が走った右ストレート V10ワイルダーが「年間最高KO賞」に堂々選出

米ボクシング専門誌「ザ・リング」は23日(日本時間24日)、2019年の年間表彰を発表。「年間最高試合」に11月7日のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝の井上尚弥(大橋)―ノニト・ドネア(フィリピン)戦を選出する一方で、ボクシングの華でもある「年間最高KO」には11月23日にWBC世界ヘビー級タイトルマッチでデオンテイ・ワイルダー(米国)が同級3位ルイス・オルティス(キューバ)を右ストレート一発で下した一戦が選ばれた。改めて試合を振り返る。

デオンテイ・ワイルダー【写真:Getty images】
デオンテイ・ワイルダー【写真:Getty images】

11月のオルティス戦がリング誌の「年間最高KO賞」に選出

 米ボクシング専門誌「ザ・リング」は23日(日本時間24日)、2019年の年間表彰を発表。「年間最高試合」に11月7日のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝の井上尚弥(大橋)―ノニト・ドネア(フィリピン)戦を選出する一方で、ボクシングの華でもある「年間最高KO」には11月23日にWBC世界ヘビー級タイトルマッチでデオンテイ・ワイルダー(米国)が同級3位ルイス・オルティス(キューバ)を右ストレート一発で下した一戦が選ばれた。改めて試合を振り返る。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 今、見ても興奮が甦ってくる。 一撃でボクシング界に衝撃を走らせた。序盤から苦戦を強いられていたワイルダー。しかし、7回も残り10秒を切った終了間際だった。オルティスの一瞬の隙を突き、ワンツーから右ストレートを顎に一閃。相手を豪快にキャンバスに沈め、試合を一発で終わらせた。衝撃的な幕切れに会場も熱狂した。昨年3月、オルティスを迎えた7度目の防衛戦でも苦しみながらTKO勝ちしていたワイルダー。しかし、この試合では文句ない戦いぶりでV10を達成していた。

 衝撃的なKOシーンは米メディアに瞬く間に拡散され、「ボクシングニュース」は「ワイルダーの右拳のパワーは現実のものとは思えない」と驚異のパワーを絶賛した。ツイッター上でも米スポーツ専門局「ESPN」は「ワイルダーの右拳は再び相手を殴り倒した」、「FOXスポーツPBC」は「ワイルダーは人々が求めていたことを成し遂げた」と称賛。多くの反響を集めていた。通算42勝(41KO)1分けと驚異のKO率を維持。来年2月には元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)との世紀の再戦が待っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集