[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2019】英マラソンで珍事、“走るビッグベン”に海外笑撃 再生930万超「冗談でしょ」

12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2019」。今回は4月に陸上のロンドンマラソンで起きた“走るビッグベン”の笑撃ハプニングだ。1人の市民ランナーがロンドン名物の巨大模型を着て力走したが、あまりに大きすぎてゴールゲートをくぐれず。スタッフ、ランナーらに助けられ、ゴールするという感動(?)シーンを英公共放送「BBC」が動画付きで公開すると、「私の人生最高の出来事だ」「本当に笑わせられたよ」と爆笑の嵐となった。

ロンドン・マラソンで話題を呼んだ“走るビッグベン”【写真:AP】
ロンドン・マラソンで話題を呼んだ“走るビッグベン”【写真:AP】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―4月のロンドンマラソンで起きた珍事

 12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2019」。今回は4月に陸上のロンドンマラソンで起きた“走るビッグベン”の笑撃ハプニングだ。1人の市民ランナーがロンドン名物の巨大模型を着て力走したが、あまりに大きすぎてゴールゲートをくぐれず。スタッフ、ランナーらに助けられ、ゴールするという感動(?)シーンを英公共放送「BBC」が動画付きで公開すると、「私の人生最高の出来事だ」「本当に笑わせられたよ」と爆笑の嵐となった。

【PR】高校駅伝26年ぶり男女日本一の仙台育英 “名門復活”を叶えたコンディション作り

 エリウド・キプチョゲ(ケニア)が世界歴代2位となる2時間2分37秒で颯爽とゴールした1時間52分後、異様ないでたちのランナーがゴールに向かってきた。高さ3メートルはあろうかというビッグベンの模型から2本の足が伸び、ひたひたと走る。ロンドン名物は他の一般ランナーと交じると完全に浮いているが、シンボルの時計部分の下にしっかりとゼッケンを着け、足取りも確かだ。

 なんと、この姿で42.195キロを走って来たのか。そして、ついにゴールを迎える。その瞬間に“事件”は起きた。ビッグベンが大きすぎて引っ掛かり、ゲートをくぐれない。他のランナーが続々ゴールする中、足止めを食らった“走るビッグベン”。なんとか身を斜めにしてくぐろうとするが、顔は見えなくとも明らかに悪戦苦闘している。

 見かねたスタッフが助けに歩み寄り、そんな様子に気づいた後続ランナーも足を止め、最後は一緒にゴール。一見、感動的だが、なんともシュールなシーンだった。英公共放送「BBCスポーツ」公式インスタグラムは「26.2マイルの後、これを求めてはいないだろう……」と心中を慮り、実際のシーンを動画付きで公開すると爆笑が広がった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集