[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥が「勝ち取るべき」 カネロの“年間MVP”受賞に米識者が異論を唱える理由

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で優勝したWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。米誌「ザ・リング」や英誌「ボクシングニュース」では11月7日、さいたまスーパーアリーナで行われたWBSS決勝の井上対ノニト・ドネア(フィリピン)戦を年間最高試合に選出する一方で、井上は年間最優秀ファイターでの選出は逃している。そんな中、米ボクシングメディアの創設者が「イノウエが勝ち取るべきだ!そうじゃないか?」と主張。モンスターこそが2019年最高のファイターである理由を挙げている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

米リング誌は年間MVPにカネロ選出、これに異論の声が

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で優勝したWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。米誌「ザ・リング」や英誌「ボクシングニュース」では11月7日、さいたまスーパーアリーナで行われたWBSS決勝の井上対ノニト・ドネア(フィリピン)戦を年間最高試合に選出する一方で、井上は年間最優秀ファイターでの選出は逃している。そんな中、米ボクシングメディアの創設者が「イノウエが勝ち取るべきだ!そうじゃないか?」と主張。モンスターこそが2019年最高のファイターである理由を挙げている。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 WBSSバンタム級大会で見事優勝を果たした井上。ドネアとの名勝負を制し、2団体統一王者となった。リング誌では年間表彰で4部門でノミネートされたが、年間最高試合部門での受賞にとどまった。リング誌で年間最優秀ファイターに選ばれたのはカネロこと、4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)だった。

 そんな中で、米メディア「ファイトハブTV」の創設者、マルコス・ビレガス氏はツイッターを更新した。

「年間最優秀ファイターはナオヤ・イノウエか、カネロだろう。イノウエに関する論点はこうだ。大会優勝、階級でトップ5以上の実力者と戦う。未来の殿堂入りファイター、ドネアを倒し、階級ナンバーワンになる。完璧なまでにライバルを一掃している。おい、彼が勝ち取るべきだ。そうじゃないか?」

 バンタム級の実力者を倒し続け、WBSS王者に上り詰めた井上こそが、年間最優秀ファイターに相応しいと、ビレガス氏は主張していた。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集