[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

完敗の八重樫東、「相手が強かった」と脱帽 進退は明言避ける「これから考えないと」

ボクシングのIBF世界フライ級タイトルマッチが23日、横浜アリーナで行われ、元世界3階級制覇王者の八重樫東(大橋)が、王者のモルティ・ムザラネ(南アフリカ)に9回2分54秒TKO負け。36歳10か月の“激闘王”は946日ぶりの世界戦だったが、日本男子最年長での王座獲得はならなかった。

9回TKO負けを喫した八重樫東【写真:荒川祐史】
9回TKO負けを喫した八重樫東【写真:荒川祐史】

ムザラネに9回TKO負け「相手が強かった」

 ボクシングのIBF世界フライ級タイトルマッチが23日、横浜アリーナで行われ、元世界3階級制覇王者の八重樫東(大橋)が、王者のモルティ・ムザラネ(南アフリカ)に9回2分54秒TKO負け。36歳10か月の“激闘王”は946日ぶりの世界戦だったが、日本男子最年長での王座獲得はならなかった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 “激闘王”が散った。八重樫は序盤こそ打ち合いで優位に立ったが、的確に有効打を繰り出すムザラネに徐々に押され、苦しい展開に。8回に被弾し、コーナーを背負って後退。場内の「アキラコール」の中で懸命に踏ん張るが、立っているのがやっと。そして、9回右を被弾し、ダメージの蓄積が顕著になったところでレフェリーが試合をストップした。

 勝てば36歳10か月でのベルト獲得で、35歳9か月でWBC世界スーパーバンタム級王座を獲得した元3階級制覇王者・長谷川穂積氏を上回る最年長記録だったが、37歳の王者ムザラネの前に屈した。試合後、取材に応じた八重樫は「力不足。相手が強かった」と完敗を認めた。その上で「進退についてはまだ何も……。これから考えないといけない」と去就の明言は避けた。

 八重樫は2011年にWBA世界ミニマム級、13年にIBF世界フライ級、15年にIBF世界ライトフライ級王座を奪取し、日本人3人目の3階級制覇に成功。2017年5月に暫定王者ミラン・メリンド(フィリピン)との団体内統一戦で敗れ、ベルトを失った後はスーパーフライ級での4階級制覇を目指していたが挑戦の機会が巡って来なかった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集