[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八重樫東、946日ぶりの世界戦で9回TKO負け 36歳10か月、日本男子最年長王座奪取ならず

ボクシングのIBF世界フライ級タイトルマッチが23日、横浜アリーナで行われ、元世界3階級制覇王者の八重樫東(大橋)が、王者のモルティ・ムザラネ(南アフリカ)に9回2分54秒TKO負け。36歳10か月の“激闘王”は946日ぶりの世界戦だったが、日本男子最年長での王座獲得はならなかった。

9回TKO負けを喫した八重樫東【写真:荒川祐史】
9回TKO負けを喫した八重樫東【写真:荒川祐史】

“激闘王”八重樫、2年7か月ぶりの世界戦で久々のベルト戴冠ならず

 ボクシングのIBF世界フライ級タイトルマッチが23日、横浜アリーナで行われ、元世界3階級制覇王者の八重樫東(大橋)が、王者のモルティ・ムザラネ(南アフリカ)に9回2分54秒TKO負け。36歳10か月の“激闘王”は946日ぶりの世界戦だったが、日本男子最年長での王座獲得はならなかった。

【PR】アスリートをクールにサポート アディダスの新トレーニングウェア「HEAT. RDY」がスゴイ

 大観衆からの拍手で後押しされてリングに上がった八重樫。序盤はガードを高く上げる王者に対して、足を使ってサークルを描くようにリズムを作る。

 しかし打ち合いで優位に立ったのは王者だった。手数では八重樫が上回っていたが、有効打ではムザラネ。じわじわとプレッシャーをかけられる八重樫はなかなかリズムを掴むことができない。4回から足を止めてリングの中央で頭をくっつけて打ち合う展開に。“激闘王”の本領発揮かという展開に場内はヒートアップするが、やはり有効なパンチを当てたのは王者だった。

 8回に被弾し、コーナーを背負い後退。場内の「アキラコール」の中で懸命に踏ん張るが立っているのがやっとの状態に。そして9回右を被弾し、ダメージの蓄積が顕著になったところでレフェリーが試合をストップした。

 数々の名勝負を繰り広げてきた“激闘王”の返り咲きはならなかった。勝てば36歳10か月でのベルト獲得で、35歳9か月でWBC世界スーパーバンタム級王座を獲得した元3階級制覇王者・長谷川穂積氏を上回る最年長記録だったが、37歳の王者ムザラネの前に屈した。

 八重樫は2011年にWBA世界ミニマム級、13年にIBF世界フライ級、15年にIBF世界ライトフライ級王座を奪取し、日本人3人目の3階級制覇に成功。2017年5月に暫定王者ミラン・メリンド(フィリピン)との団体内統一戦で敗れ、ベルトを失った後はスーパーフライ級での4階級制覇を目指していたが挑戦の機会が巡って来なかった。

 2年7か月ぶりとなる世界戦はフライ級でのタイトルマッチだったが、ベテラン王者の老獪なボクシングの前に持ち味を発揮できず、返り咲きはならなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集