[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁欠場でPF起用の“3P名手” 躍動した前半と、失速した後半に見えた課題とは

指揮官はシュートに苦戦した選手を擁護 「バスケットボールとはそういうもの」

 実際に後半は、PFのベルターンズに対して、ブルズの先発PGのトマシュ・サトランスキーがタイトなガードでオープンルックを作らせていなかった。しかしベルターンズに相手の注意が集まることで、ほかの選手がプレーするスペースや時間が得られる。それでも今日のウィザーズはエースのブラッドリー・ビールをはじめ、シュートタッチに苦しみ、チャンスをものにできなかった。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

 今日のように、ベルターンズが厳しいガードに合った時、チームとしてどのように対応するか問われたウィザーズのスコット・ブルックスHCは「ディフェンスは対応してくる。だからIT(アイザイア・トーマス)がショットを決めたり、ブラッド(ブラッドリー・ビール)がショットを決めたりできる」と話し、今日はたまたまそうならなかったのだと続けた。

「相手は多くの選手をDB(ベルターンズ)だけにつかせることはできない。しかしブラッドは今日シュートを決められなかった。ITも5/15だった。しかしバスケットボールとはそういうもの。我々には非常に優れたスコアラーたちがいる。今夜はDBが前半絶好調だったということだ」

 ウィザーズのファンはすでにベルターンズの能力を理解しており、彼が3Pラインの外でボールを受ける度に会場がざわめく。これだけ周知の事実となれば相手チームが対策を練ってくることは間違いない。ベルターンズが“消された”時間帯にどのように得点を重ねるか。怪我人続出中の今、ウィザーズにとって課題の一つとなりそうだ。

(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集