[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁欠場でPF起用の“3P名手” 躍動した前半と、失速した後半に見えた課題とは

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁は18日(日本時間19日)の本拠地ブルズ戦に鼠径部の打撲により欠場。ここまで開幕から25試合連続スタメン出場を続けていたルーキーにとって今季初の欠場となった。八村に代わってPFでスタメン出場したデイビズ・ベルターンズの活躍などもあり、最大で18点のリードを奪うも終盤に大失速。オーバータイムの末に109-110で敗れ、連勝を逃した。

PFでスタメン出場したデイビズ・ベルターンズ【写真:AP】
PFでスタメン出場したデイビズ・ベルターンズ【写真:AP】

“3P職人”ベルターンズは前半6本の3P成功も後半はわずか1本にとどまる

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁は18日(日本時間19日)の本拠地ブルズ戦に鼠径部の打撲により欠場。ここまで開幕から25試合連続スタメン出場を続けていたルーキーにとって今季初の欠場となった。八村に代わってPFでスタメン出場したデイビズ・ベルターンズの活躍などもあり、最大で18点のリードを奪うも終盤に大失速。オーバータイムの末に109-110で敗れ、連勝を逃した。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 ここまで絶好調を維持し、ウィザーズの得点源のひとりとして活躍を続けるベルターンズ。この日も第2クォーター(Q)に30フィート超えの3Pを3本連続で沈めるなど、前半だけで6本の3Pを成功させた。しかし後半に入ると厳しいディフェンスに合い、シュートの数自体が減少。得意の3Pもオーバータイムに決めた1本にとどまった。

 試合後に前後半でのシュート数の変化は相手ディフェンスによるものなのか、単にオフェンスが調子を崩したからなのかと問われたベルターンズは「両方だと思う」と述べ、その理由を語った。

「(チームとしてオフェンス面で)間違いなくもっと良いプレーができたと思う。しかしそれと同時に前半に6本決めれば相手の意識が自分に集中することは確実。そのため自分はほとんどの時間でオープンではなかった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集