[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元「由伸2世」谷田成吾氏、徳島の球団代表に就任 26歳のプロ球団運営トップは異例

独立リーグ・四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスは19日、東京六大学リーグの慶大で「由伸2世」の異名で活躍し、昨年まで球団に在籍した谷田成吾氏が、同日付で球団代表に就任することを発表した。プロ球団の運営トップに26歳の若さで就任するのは異例。この日、徳島市内で就任会見で行った。

徳島インディゴソックスの球団代表に就任した谷田成吾氏【写真:編集部】
徳島インディゴソックスの球団代表に就任した谷田成吾氏【写真:編集部】

昨年まで選手として在籍、ビジネスマンから転身「球団の黒字化を目指したい」

 独立リーグ・四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスは19日、東京六大学リーグの慶大で「由伸2世」の異名で活躍し、昨年まで球団に在籍した谷田成吾氏が、同日付で球団代表に就任することを発表した。プロ球団の運営トップに26歳の若さで就任するのは異例。この日、徳島市内で就任会見で行った。

【特集】「金メダルで恩返しを」 ソフトボール界の天才打者が持ち続けた想い / ソフトボール・山田恵里インタビュー(GROWINGへ)

「由伸2世」と呼ばれた男が、異例の転身だ。谷田氏が19日付けで徳島の取締役兼球団代表に就任することを球団が発表。球団代表は球団運営の決定に関わる立場であり、独立リーグの場合はチーム編成はもちろん、スポンサーへの営業も重要な任務となる。

 昨年限りで野球選手を引退し、ビジネスマンに転身していた26歳にとって新たな挑戦となる。「THE ANSWER」の取材に対し、谷田氏は「より多くの方が楽しめるスタジアムを作ることで、球団の黒字化を目指したい」と意気込みを語った。

 谷田氏は慶応高時代に通算76本塁打を放ち、慶大時代は先輩である高橋由伸氏(前巨人監督)になぞらえ「由伸2世」の異名で活躍。しかし、大学、社会人といずれもプロの使命はなく、JX-ENEOS在籍3年目の昨春に同社を退社した。米球界を目指したトライアウト挑戦を経て、6月から徳島に入団。「最後のプロ挑戦」と決めた同年10月のドラフトも指名されず、25歳で引退していた。

 高校、大学、社会人すべてのカテゴリーで日本代表を経験したアマ球界のエリート選手とあって、以降は20社以上の一般企業のオファーを受けた。今年1月にITサービスの構築を担う「ショーケース」に入社。「野球をやっていたことが忘れられるくらいにビジネスの世界で結果を出したい」という野望を持ち、営業で多くの契約を結ぶなど、ビジネスマンとしての才覚も発揮していた。

 徳島は今年を含め、独立リーグ日本一を3度達成している。13年以降、育成ドラフトを含め、毎年NPB指名選手を輩出。伊藤翔(17年西武3位)ら、この7年間の指名数13人は国内の独立リーグで最多と抜群の育成力を誇る。一方で、観客動員数は伸び悩み、経営面に課題があった。そこで野球界で知名度を誇り、ビジネスマンとしても活躍している谷田氏に白羽の矢が立った格好だ。

 NPBの現役選手ではオリックス・吉田正尚、ソフトバンク・武田翔太、DeNA・今永昇太、楽天・茂木栄五郎らと同じ93年生まれにあたる。「由伸2世」の異名は「球団代表」に肩書きが変わり、新たなフィールドで活躍する。

◇谷田 成吾(やだ・せいご)

 1993年5月25日、埼玉・川口市生まれ。26歳。東練馬リトルシニアから慶応高に進学。通算76本塁打を放った。甲子園出場なし。慶大ではリーグ戦通算15本塁打をマーク。4年秋にドラフト指名漏れを味わい、社会人野球のJX-ENEOS入り。高校、大学、社会人すべてのカテゴリーで日本代表を経験した。社会人3年目の18年3月に退社し、MLBトライアウトに挑戦。複数球団の調査を受けたが、契約に至らず。帰国後は四国IL徳島でプレー。昨秋のドラフト会議で指名ならず、引退した。一般企業20社以上から興味を示されたが、今年1月にIT企業「ショーケース・ティービー(現ショーケース)」入社。WEBマーケティングを担っていた。右投左打。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集