[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米22歳新星が王座奪取 “2度ダウン”の鮮烈カウンターに衝撃「こいつは本物だ…」

ボクシングのWBO世界ウエルター級タイトルマッチが14日(日本時間15日)、米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、全勝の3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が同級1位エギディウス・カバラウスカス(リトアニア)に9回TKO勝ちした。圧巻の逆転劇は大きなインパクトを残したが、アンダーカードでも期待の超新星が匹敵するようなパフォーマンスでベルトを戴冠した。実際のKOシーンをプロモートするトップランク社が公式インスタグラムで動画つきで公開。ファンの驚愕を誘っている。

テオフィモ・ロペス【写真:Getty images】
テオフィモ・ロペス【写真:Getty images】

クロフォードの前座務めたロペスが16連勝でタイトル奪取に成功

 ボクシングのWBO世界ウエルター級タイトルマッチが14日(日本時間15日)、米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、全勝の3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が同級1位エギディウス・カバラウスカス(リトアニア)に9回TKO勝ちした。圧巻の逆転劇は大きなインパクトを残したが、アンダーカードでも期待の超新星が匹敵するようなパフォーマンスでベルトを戴冠した。実際のKOシーンをプロモートするトップランク社が公式インスタグラムで動画つきで公開。ファンの驚愕を誘っている。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

“テイクオーバー”(奪取)の異名は伊達じゃない。22歳の新鋭テオフィモ・ロペス(米国)が衝撃的なKO劇で一気にベルトを奪取した。

 WBO世界ウエルター級戦のアンダーカードで行われたIBF世界ライト級タイトルマッチ。リチャード・コミー(ガーナ)に挑戦したロペスが、強烈なカウンターを炸裂させたのは2ラウンドだった。コミーの右に対して、ドンピシャのタイミングで右を放った。完璧なカウンターにたまらず膝をつく王者。立とうとするが、足元が定まらない。前につんのめりながら、もんどりうって倒れ込んだのだ。

 一撃で“2度ダウン”する衝撃シーン。何とか立ち上がりファイティングポーズをとったが、ダメージは明白。その後ロペスがラッシュをしかけると、レフェリーが試合を止めた。2回1分13秒での鮮やかなKO劇で、デビュー15戦目(全勝うち12KO)でついにベルトを巻いた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集