[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、樋口新葉が自己新でSP首位発進 米メディアも速報「日本が初日を支配」

フィギュアスケートのロンバルディア・トロフィーが14日(日本時間15日)に開幕した。男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)が自己ベストの104.87点でトップに立てば、女子SPでも樋口新葉(日本橋女学館高)が自己最高74.26点で1位。米スケート専門メディア「icenetwork」は、「日本がロンバルディア杯の初日を支配」と好発進ぶりを報じた。

宇野は自己ベストを0.01点、樋口は2.85点更新する好発進

 フィギュアスケートのロンバルディア・トロフィーが14日(日本時間15日)に開幕した。男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)が自己ベストの104.87点でトップに立てば、女子SPでも樋口新葉(日本橋女学館高)が自己最高74.26点で1位。米スケート専門メディア「icenetwork」は、「日本がロンバルディア杯の初日を支配」と好発進ぶりを報じた。

 今季初戦で、宇野が貫録の演技を見せた。ビバルディの四季より選んだ「冬」に乗せて、次々と技を成功させ、叩き出したスコアは自己記録の104.86点を0.01上回る104.87点(技術点59.17/演技構成点45.70)で首位。記事では「(宇野は)ショートでは4回転トーループ+3回転トーループを成功させた。採点で(2位に)約22点差をつけて、ベストを叩き出した」と伝えている。

 また、女子SPでは国内で2試合に出場し、今季初の国際試合に臨んだ樋口新葉(日本橋女学館高)は、バレエ「ドン・キホーテ」の曲「ジプシーダンス」で演技。冒頭のダブルアクセル、3回転の連続ジャンプも成功させるなど、自己最高を2.85点更新する74.26点(技術点40.86/演技構成点33.40)で1位。「ヒグチはプログラムの後半で披露した3回転ルッツ+3回転トーループで最も高いポイント(12.17)を手にした。彼女は2.59ポイントのリードを持って金曜のフリーを迎える」と記されており、ジャンプで高得点を得たこと、地元選手の2位カロリーナ・コストナー(イタリア)に2.59点のリードを奪ったことを伝えている。

 SPで自己ベストを叩き出し、好スタートを切った宇野と樋口は、フリーでも世界のファンを魅了してくれるだろう。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集