[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、WBSS決勝が「年間最高試合」の4候補に海外選出 ファンが推したのは…

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム決勝でノニト・ドネア(フィリピン)を破り、頂点に立ったWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。米スポーツ専門局「ESPN」スペイン語版ツイッターは2019年の年間最高試合候補4試合を選出し、名勝負となった「ドラマ・イン・サイタマ」も選出されている。

井上尚弥【写真:AP】
井上尚弥【写真:AP】

ESPNボクシング・スペイン語版SNSがアンケート、ドネア戦も候補入り

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム決勝でノニト・ドネア(フィリピン)を破り、頂点に立ったWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。米スポーツ専門局「ESPN」スペイン語版ツイッターは2019年の年間最高試合候補4試合を選出し、名勝負となった「ドラマ・イン・サイタマ」も選出されている。

【PR】アスリートをクールにサポート アディダスの新トレーニングウェア「HEAT. RDY」がスゴイ

 ESPNボクシングのスペイン語版ツイッターは「2019年も終わりを迎えようとしている。今年の年間最高試合はどれか?」と呼びかけ、アンケートを実施。4つの試合をピックアップしているが、その一つに井上が戦ったWBSS決勝もノミネートされた。

 6月にアンディ・ルイス(米国)が大番狂わせを演じたアンソニー・ジョシュア(英国)戦、7月に6階級制覇王者パニー・パッキャオ(フィリピン)が健在ぶりを見せたキース・サーマン(米国)戦、10月にゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)がフルラウンドの死闘で王座返り咲きを果たしたセルゲイ・デレビヤンチェンコ(ウクライナ)戦とともに、井上―ドネア戦も挙げた。

 当時、井上は2回にドネアの閃光フックを被弾。右目上をカットし、流血するキャリア初の苦境に直面したが、11回に左ボディでダウンを奪うなど、判定の末、名勝負を制した。

 海外のボクシングファンもアンケートに反応し、モンスターの戴冠劇を年間ベストバウトに挙げるツイートが大半だった。世紀の名勝負は今年のボクシング界の最大のハイライトの1つとして評価されているようだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集