[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、野望は「10年で海外メジャー全獲り」 青木コーチが証言した21歳の成長

女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は1日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位と2打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子(RSK山陽放送)は通算7アンダーで2位タイ。逆転賞金女王へ単独2位以上の最低条件をクリアできず、5アンダーの5位で終えた賞金ランクトップの鈴木愛(セールスフォース)が女王争いを制した。

今季最終戦を戦った渋野日向子【写真:荒川祐史】
今季最終戦を戦った渋野日向子【写真:荒川祐史】

前週Vで成長、渋野を指導する青木翔コーチ「一つ大人になれた」

 女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は1日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位と2打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子(RSK山陽放送)は通算7アンダーで2位タイ。逆転賞金女王へ単独2位以上の最低条件をクリアできず、5アンダーの5位で終えた賞金ランクトップの鈴木愛(セールスフォース)が女王争いを制した。渋野が逆転での史上最年少女王を逃した直後、青木翔コーチは1年を振り返りながら、5つの海外メジャー全制覇という壮大な目標を明かした。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 重圧の中で戦った1週間。最終日は2つ伸ばして7アンダーの2位タイだった。念頭に置いた優勝には届かず、青木コーチは「もうちょっと落ち着いてできれば、もっと自分らしさを出せたと思う」と振り返った。

 激動の1年を終えた。ツアー本格参戦1年目の21歳。5月に国内メジャーのサロンパスカップでツアー初優勝すると、8月には全英女子オープンで日本人42年ぶりの海外メジャー制覇を果たした。“しぶこフィーバー”で社会現象を巻き起こし、一躍時の人に。それでも出場できる試合にはエントリーを続け、国内4勝で賞金ランク2位に入った。

 青木コーチは、大きなケガのない愛弟子に「体の強さは非常に感じます。回復力も凄いですし、トレーニングはみんな好きではないけど、やらなきゃいけないことはやる」と渋野の努力を語る。「ハートが強いというより、思い切りがいいですね」と精神面の強さの一端を明かした。

 無名の存在から女子ゴルフ界の顔に。しかし、ターニングポイントは全英女子オープンの快挙ではないという。「一番はプロギア(PRGRレディス)ですね。ボロボロに負けたやつです」と同コーチ。3月の開幕2戦目、最終日に鈴木と同組だった。鈴木が68で回って優勝した一方で、渋野は73で6位。国内トップゴルファーとの差を見せつけられた。快進撃への“スタート地点”だった。

 今大会前週の大王製紙エリエールレディスは、定由早織キャディーとのコンビでは初優勝。渋野は涙を流して喜んだ。青木コーチは「チーム内でもあのコンビで勝ってほしいというのがあったし、あれで2人とも肩の荷が下りた。一つ大人になれたのかな」と目を細め、「全英は(キャディーを務めた)僕とふざけていただけですから。あそこで人生は変わったけど、彼女のゴルフ人生を考えるとプロギアですね」と強調した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集