[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子が激動の1年を回顧 笑顔の裏に苦悩「笑っておかないといけないのかと」

女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は1日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位と2打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子は3バーディー、1ボギーの通算7アンダーで2位タイ。逆転賞金女王へ単独2位以上の最低条件をクリアできず、鈴木愛に2年ぶりの賞金女王を譲ったが、試合後の会見で激動の1年を振り返った。

賞金ランク2位で1年を終えた渋野日向子【写真:荒川祐史】
賞金ランク2位で1年を終えた渋野日向子【写真:荒川祐史】

シーズン総括、試合後の会見一問一答「『スマイルシンデレラ』と言われて…」

 女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は1日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位と2打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子は3バーディー、1ボギーの通算7アンダーで2位タイ。逆転賞金女王へ単独2位以上の最低条件をクリアできず、鈴木愛に2年ぶりの賞金女王を譲ったが、試合後の会見で激動の1年を振り返った。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 昨年、プロテストに合格したばかりの渋野は5月のサロンパスカップでツアー初優勝。8月の全英女子オープンでは日本人42年ぶりの海外メジャー制覇を成し遂げた。「スマイリングシンデレラ」の愛称とともに国民的ヒロインとなり、国内ツアーは4勝。ステップアップツアーに出場していた昨年とは一変したシーズンとなり、賞金ランク2位で堂々と終えた。

 試合後の会見では激動の1年を振り返り、笑顔の裏に隠された苦悩も明かした。会見の主な一問一答は以下の通り。

――この1年で一番しんどかった時は。

「9月の(日本女子プロ選手権)コニカミノルタ杯(33位)の時かな。メンタル的なものですかね。メジャーだから結果を出さないと、と。プレッシャーをかけすぎた。なんで、あの時(全英で)できたのにできないのかと。(全英直後の)8月のmeijiカップ(13位)でとりあえず完走できればいいと思って、NEC軽井沢(3位)もとりあえず3日間無事でやれたらいいと意識してやれた。(コニカミノルタ杯は)結果を出さないといけないと、その時と違う感じだった。それもあるし、メジャーもあるし、上位争いしたい気持ちもあった」

――賞金2位の意味は。

「最初はシードを狙って頑張ってきた年に2位は予想外。ここまで結果が出たのは予想外。『1年間よく頑張ったね』って神様がいってくれたのかなと思いつつ、『まだ早いよ』っていうこともあるのだと思う。そう思わせてくれる2位だった」

――この1年間の点数は。

「難しいですね。結果としては100は超えているんですよ。98点で。2点は(8月の)軽井沢の3パットです」

――技術の課題は。

「やっぱりアプローチかな。ショット力も全く足りていなかった。縦距離が合わないし、ブレるし、パットも真っすぐのラインがかすりもしない。まだまだだなと思う」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集