[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子「一人じゃ何もできない」 全英Vの喧騒に襲われ、気づいた“他人の力”

女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は1日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位と2打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子(RSK山陽放送)は、通算7アンダーで2位タイ。逆転賞金女王へ単独2位以上の最低条件をクリアできず、5位で終えた鈴木愛(セールスフォース)に女王を譲った。無名の存在から一躍ゴルフ界の顔となった21歳。海外メジャー制覇の快挙を成し遂げた後、大切なものに気付かされたという。

渋野日向子【写真:荒川祐史】
渋野日向子【写真:荒川祐史】

目標と期待に差、周りに支えられた1年「いろんな人と出会えた」

 女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は1日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位と2打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子(RSK山陽放送)は、通算7アンダーで2位タイ。逆転賞金女王へ単独2位以上の最低条件をクリアできず、5位で終えた鈴木愛(セールスフォース)に女王を譲った。無名の存在から一躍ゴルフ界の顔となった21歳。海外メジャー制覇の快挙を成し遂げた後、大切なものに気付かされたという。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 最後の最後にもやもやが晴れた。前半は一つも伸ばせず、苦しい展開。パープレーが続き、10番でバーディーパットを外した。「あっ、今日は終わったな」。一つ後ろの最終組でペ・ソンウ(韓国)が猛然と伸ばす。渋野も11、12番の連続バーディーで食い下がったが、18番をプレーしている時には4打差がついた。鈴木も好位置でフィニッシュ。優勝も、賞金女王も届かないことはわかっていた。

 18番グリーン上。大声援をくれたギャラリーに取り囲まれた。2019年最後のパットは、残り2メートル半。「今日のどのパットよりも気持ちが入った」。感謝の思いを乗せたボールはカップに消えた。「入った瞬間は安堵というか、笑いしか出なかった」。夢のような激動の1年をバーディー締め。満面の“しぶこスマイル”が最後に咲いた。

「本当に1週間長かったけど、最後のバーディーでもう悔いがない、とスッキリしています。(ブチ切れていたと話した)昨日と人が全然違うくらい気分スッキリです。(賞金女王を逃した悔しさは)全くないです。本当にないです。ごめんなさい(笑)」

 予想できないほど飛躍した。2017年はプロテスト不合格。昨年は下部のステップアップツアーが主戦場だった。プロテストに合格し、今季からレギュラーツアーに本格参戦。5月の国内メジャー・サロンパスカップでツアー初優勝を飾ると、7月のアネッサレディスで2勝目。1か月後に世界を揺るがす快挙を成し遂げた。

 試合では初めて海を渡った8月の全英女子オープン。日本人42年ぶりの海外メジャー制覇を成し遂げた。海外メディアに名付けられた「スマイリングシンデレラ」の愛称とともに社会現象を巻き起こすフィーバーぶり。ラウンド中に食べていた駄菓子は売り切れた。チャームポイントの笑顔で国民的ヒロインとなり、出場する試合は毎回のように最多の観客動員を記録した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集