[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伊藤雅雪、初の柔道生観戦 人生懸けた戦いに感銘「新鮮でした。一発勝負感が強い」

東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会の第2日が23日、丸善インテックアリーナ大阪で行われた。男子73キロ級の2017年世界選手権覇者・橋本壮市(パーク24)は、決勝で66キロ級で五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡(パーク24)に敗れて銀メダル。3年ぶり2度目の大会制覇はならなかったが、親交のあるボクシングの前WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(横浜光)が白熱した五輪争いから感銘を受けた。

前WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪【写真:浜田洋平】
前WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪【写真:浜田洋平】

ボクシング元世界王者・伊藤雅雪、親交のある柔道・橋本壮市の奮闘を生観戦

 東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会の第2日が23日、丸善インテックアリーナ大阪で行われた。男子73キロ級の2017年世界選手権覇者・橋本壮市(パーク24)は、決勝で66キロ級で五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡(パーク24)に敗れて銀メダル。3年ぶり2度目の大会制覇はならなかったが、親交のあるボクシングの前WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(横浜光)が白熱した五輪争いから感銘を受けた。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 この日、観客席にいたのはボクシング元世界王者の伊藤だった。橋本とは関係者を通じて食事をする機会があり、互いの競技に共通した減量に関する話題もあったという。1学年下で28歳の橋本について、伊藤は「学年もほとんど一緒で凄く気持ちのいい選手。僕は年末に試合がないので、他の競技も見てみたいと思って1泊の弾丸で見に来ました」と応援に駆け付けた。

 初観戦の柔道。同じ格闘技を目の当たりにし「新鮮でした。一発勝負感が強い」と印象を明かした。トーナメントで男子73キロ級はノーシードなら6勝して優勝。単純比較はできないが、数か月に一度しか試合をしないボクサーからすると違いに触れることは刺激になったようだ。

「一日で6試合やるなんて、信じられない。一発勝負を6回勝ち抜かないといけないのは、同じ人間同士がやるので(駆け引きなど)なかなか大変なこと。それで決勝まで残るのは(力を)持っている選手。それで勝ち抜く強さを僕も身につけていかないといけない。いい刺激だと思う。見に来られてよかった。知らない世界を知ることは面白いですね」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集