[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

着物風衣装のメドベ、超巨大扇子でキスクラ登場に反響「ファンタスティックな道具」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯は16日(日本時間17日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の平昌五輪銀メダリスト、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)はノーミスの演技で148.83点、合計225.76点をマークし、2位に入った。復調を感じさせた元世界女王はキス・アンド・クライでファンから贈られた超巨大扇子を持って登場。実際のシーンを米記者が画像付きで公開し、「ファンタスティックな道具」と反響を呼んでいる。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

ファンから贈られた超巨大扇子を持って登場で視線釘付け

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯は16日(日本時間17日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の平昌五輪銀メダリスト、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)はノーミスの演技で148.83点、合計225.76点をマークし、2位に入った。復調を感じさせた元世界女王はキス・アンド・クライでファンから贈られた超巨大扇子を持って登場。実際のシーンを米記者が画像付きで公開し、「ファンタスティックな道具」と反響を呼んでいる。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 メドベージェワが美しく舞った。日本を舞台にした名作映画「SAYURI」を使用したプログラム。今季話題を呼んでいる着物風の衣装とともに、冒頭の3回転ルッツ、続く3回転サルコウ―3回転ループも綺麗に着氷。中盤も持ち前の表現力とステップ、スピンを披露し、ミスなく演じ切った。会心の出来栄えに最高の笑みが咲いた。

 大盛り上がりとなったのは、母国ロシアのファンたちだ。会場にはメドベージェワのプラカードが多く揺れ、次々とプレゼントが投げ込まれた。なかでも、最大のインパクトは超巨大扇子だ。引き揚げてきたメドベージェワに対し、客席最前列から手渡しでプレゼント。すると、メドベージェワもそれを持ったままキス・アンド・クライに登場した。

 綺麗な花が描かれ、1.5メートルほどはあろうかという逸品。メドベージェワは膝元で嬉しそうに広げながら表示を待ち、得点が出ると満足そうに頷いた。会場からは大歓声。そんな様子を米名物記者ジャッキー・ウォン氏も「ロシア杯でエフゲニア・メドベージェワの大ファンが」とツイートし、驚きをもって画像付きで公開した。

 海外ファンからも「オーマイゴッド。笑」「ファンタスティックな道具」「世界中がジェーニャにハート」などと反響が相次ぎ、視線を釘付けにした。昨年の自身のGPシリーズ初戦スケートカナダ3位以来、表彰台に立ったメドベージェワ。平昌五輪シーズン以降、苦しい戦いを強いられてきたが、女王らしさを取り戻し、フィギュア界に明るい話題を振りまいた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集