[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥のPFP世界3傑入りの理由 4戦連続王者撃破の「勢い」でクロフォードを凌駕

ボクシング界で最も権威ある米専門誌「ザ・リング」が16日、全階級のボクサーを格付けした「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」を更新。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で優勝したWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)が順位を1つ上げ、自身初の世界3傑に入る快挙を達成した。同誌の格付け評議会では伝説の名勝負となったWBSS決勝のノニト・ドネア(フィリピン)戦に対する評価が二分する形となったが、井上の「勢い」が評価されたという。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

リング誌が井上の世界3傑入り舞台裏を明かす

 ボクシング界で最も権威ある米専門誌「ザ・リング」が16日、全階級のボクサーを格付けした「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」を更新。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で優勝したWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)が順位を1つ上げ、自身初の世界3傑に入る快挙を達成した。同誌の格付け評議会では伝説の名勝負となったWBSS決勝のノニト・ドネア(フィリピン)戦に対する評価が二分する形となったが、井上の「勢い」が評価されたという。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

「議論の末にナオヤ・イノウエの名声は輝く」と題し、リング誌は井上の世界3傑入りを特集した。「11月7日のノニト・ドネア戦のスリリングな判定勝利に対して2つの観点が存在した」と指摘。過去5試合で2敗していた36歳の大ベテラン相手にフルラウンドの死闘を演じたことに対し、評価が分かれたという。

 前回まで3位だった元スーパーライト級4団体統一王者で、現WBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)という猛者を抜いての世界3傑。「異論があるかもしれない部分も納得がいく」と指摘する一方で、クロフォードの過去2戦の対戦相手の実力を考慮し、バンタム級転向後の4試合で世界王者を倒し続けてきた井上の「勢い」がクロフォードを凌駕したと分析している。

 記事では、様々な格付け評議委員の声を紹介している。アンソン・ウェインライト氏は「ナオヤ・イノウエは4位に残留だ。彼とドネアの輝ける奮闘だった。このファイトから彼は学んだと思う。逆境に直面した初の試合だったと思う。PFP上位に相応しいハイスタンダードだった。トップ4は僅差だ」と主張した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集