[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥のPFP世界3傑入りの理由 4戦連続王者撃破の「勢い」でクロフォードを凌駕

トム・グレイ氏は3位に太鼓判「イノウエがクロフォードを凌駕した」

 ディエゴ・モリージャ氏も「先週にも話したが、もし、井上がドネアを5回以内で倒せば、PFP(トップ)の道まっしぐらだ、と。彼はキャリアの象徴となるような、我々が想定していた圧巻の勝利を達成することができなかった。カネロが1位で問題ない」とした。一方で、さいたまスーパーアリーナでの名勝負を現地取材したトム・グレイ氏は3位昇格に太鼓判を押した。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

「私はイノウエの4位残留に反対はしないが、クロフォードは堅実な対戦相手の欠如が響き始めている。我々が理解しているように、トップランク社とESPNのウェルター級の状況が彼を氷漬けにしている。それは我々の問題ではないので、イノウエが3位で彼を凌駕したと言える」

 井上もトップランク社との契約を発表し、クロフォードと同門になるが、かつての4団体王者はウェルター級でプロモーターの兼ね合いにより、対戦相手に恵まれていない現状を指摘した。スーパーライト級最強だったクロフォードを凌ぎ、世界3傑の高みにたどり着いた一因には、対戦相手のクオリティにあったようだ。

(THE ANSWER編集部)




1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集