[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、豪快ダンク連発で8得点 リバウンド、アシストで貢献、連敗を3でストップ

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が15日(日本時間16日)の敵地ティンバーウルヴズ戦に10試合連続でスタメン出場。ロード3連戦の2戦目で8得点、4リバウンド、3アシストをマーク。チームは137-116で勝利し、連敗を3で止めた

八村塁(右)【写真:AP通信】
八村塁(右)【写真:AP通信】

ティンバーウルブズ戦で10試合連続スタメン出場

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が15日(日本時間16日)の敵地ティンバーウルヴズ戦に10試合連続でスタメン出場。ロード3連戦の2戦目で8得点、4リバウンド、3アシストをマーク。チームは137-116で勝利し、連敗を3で止めた。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 前回の対戦では109-131の敗戦を喫し、八村自身も4得点に抑えられたティンバーウルヴズの敵地に乗り込んだウィザーズ。しかしこの試合では、第1クォーター(Q)から豪快なダンクを含むフィールドゴール2本中2本を決める活躍を見せた。

 第2Qにも、自身が失敗した3ポイントシュートの直後に味方からのパスを受け、力強いダンクを決めた八村だが、チャンスの場面でブロックされるなど、流れに乗り切れない。ウィザーズはハイスコアリングを展開し、76-73とリードして前半を終えた。

 後半に入ると、最大12点のリードをひっくり返されたウィザーズだが、大黒柱ブラッドリー・ビールの活躍もありリードを奪い返す。八村は第2Qと同じようにチャンスの場面でブロックに合い、パスミスからターンオーバーを招くなど、好調だったオフェンス面で苦しんだ。

 それでもチームは最終Qに再び突き放し、連敗をストップさせた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集