[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、“仮想バトラー”と調整 敵の弱点指摘「圧力をかけられたら何もできない」

WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が14日、12月23日に行われる同9位スティーブン・バトラー(カナダ)との初防衛戦(横浜アリーナ)に向け、都内の所属ジムで練習を公開した。今回の試合に向けて最大5人のパートナーとスパーリング。特に新たに加わった“仮想バトラー”に好感触を示した。

練習を公開した村田諒太【写真:浜田洋平】
練習を公開した村田諒太【写真:浜田洋平】

「12・23」WBA9位バトラーと初防衛戦

 WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が14日、12月23日に行われる同9位スティーブン・バトラー(カナダ)との初防衛戦(横浜アリーナ)に向け、都内の所属ジムで練習を公開した。今回の試合に向けて最大5人のパートナーとスパーリング。特に新たに加わった“仮想バトラー”に好感触を示した。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 スパーリングは10月28日から月、水、金と週3回。今週は6ラウンドずつ行い、今後は長くても8ラウンドほどを予定している。今回から新たにスパーリングパートナーとなったのがビタリ・コピレンコ(ウクライナ)だ。28勝(16KO)2敗で身長はバトラーと同じ183センチ。5月にバトラーと戦い、判定負けしたが、ダウンを奪っている。村田は2人の類似点を明かした。

「構えがしっかりしていて似ている。ガードが似ている。バトラーもしっかり固める。コピレンコは(パートナーとして)いいんじゃないかなと思いますね。ガードがしっかりしていて、ジャブが凄く多い。バトラーもジャブがうまい。ジャブをくうと、右ストレートがくる。ジャブの対策はしっかりしておかないといけないので、そこが課題ですね」

 この日はスパーをせず、ミット打ちでは手数やコンビネーションを重視して相手をコーナーに追い込むことなどを意識。「変な一発をもらうのが一番怖いので」と打ち終わりにガードすることにも注意を払いながら汗を流した。映像を見た上で、初防衛戦に立ちはだかる相手について印象を語る。

「相手はプレッシャー(圧力)をかけられたら何もできない。強いパンチを打ったら、踏み込んで、ワンツー、ワンツーと打ってきたら強いけど、プレッシャーをかけられたらあまり何もできていない。いくらパンチがあっても、プレッシャーかけられたらその分パンチ力は死ぬ」

 村田は7月にロブ・ブラント(米国)との再戦を2回TKOで制し、昨年10月に失ったベルトを奪回。引退覚悟で挑んだリングで、初回から前に出る新たなスタイルでファンを沸かせた。増やした引き出しが次戦も役立つことは必至だ。

 バトラーは28勝24KOでKO勝率86%を誇る強打者。弾丸のように次々とパンチを繰り出すことから、「Bang Bang(バンバン)」と呼ばれる。村田は「僕は一戦、一戦なので、あまり先を決めずにやりたい」と目の前のリングを見据えた。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集