[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の敗北は描けない 初来日の米リング誌記者が「井上のKO勝ち」と語る理由

11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)と5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が激突する。「THE ANSWER」は、ボクシング界で最も権威ある米専門誌「リング」で編集担当のトム・グレイ氏に直撃。決勝の取材で初来日した同氏が「ナオヤ・イノウエがノックアウトで勝つ」と予想する理由を聞いた。

WBSSバンタム級決勝を控える井上尚弥【写真:Getty images】
WBSSバンタム級決勝を控える井上尚弥【写真:Getty images】

米リング誌編集担当のトム・グレイ氏「イノウエは過小評価されている」

 11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)と5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が激突する。「THE ANSWER」は、ボクシング界で最も権威ある米専門誌「リング」で編集担当のトム・グレイ氏に直撃。決勝の取材で初来日した同氏が「ナオヤ・イノウエがノックアウトで勝つ」と予想する理由を聞いた。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 バンタム級頂上決戦が間近に迫っている。記者歴20年のうち、7年間を「ボクシングの聖書」と呼ばれるリング誌で過ごし、名物コラムニストとしても有名なグレイ氏。バンタム級頂上決戦の予想を聞くと「ナオヤ・イノウエがノックアウトで勝つと思うよ」と断言した。下馬評では日本のモンスターの勝利予想が多い。では、同氏はなぜそう思うのか。

「彼が現段階におけるボクシング界で最高峰のファイターであると同時に、世代(年齢)的なこともある。イノウエは現在非常に伸びてきている段階にあり、全ての局面で成長してきている。一方でドネアのボクシングキャリアは、もう終わりを迎えようとしている」

 36歳でいわゆる“全盛期”を過ぎたとされるドネアについて、今の実力に懐疑的なグレイ氏。さらに、26歳で飛ぶ鳥を落とす勢いの井上に対しては「ストロングポイントは、ほぼ全てと言っていい。彼は完璧な選手だ。勝つために必要なスキル全てがそろっている」と称賛する。穴が見当たらないが、井上の弱点はあるのだろうか。

「彼の試合を見ていても、毎回すぐに勝つのであまり弱みは見当たらない。しいて言えば、プレッシャー(圧力)にどう対応するかがポイントとなる。パンチを受けた時にどう対応するか。ただ、ドネアが彼をそこまで追い詰められるかと考えると、私はそうは思わない。それは試合で見られるだろう。加えて、イノウエはボディーブローも非常に強い」

 直近3試合は全て2ラウンド以内に終わらせている井上。目の肥えた同氏にも、弱点を分析しようがない。唯一挙げられるのは、まだ大したパンチを受けたことがないという“未知の領域”しかないようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集