[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 3年前の今日、錦織は輝いていた “伝説の4時間19分”に脚光「武士のように戦った」

3年前の今日、錦織は輝いていた “伝説の4時間19分”に脚光「武士のように戦った」

男子テニスの世界ランキング10位・錦織圭(日清食品)は右手首の故障により、開催中の全米オープンを欠場した。しかし、3年前の9月1日(日本時間2日)は大会史上に残る“伝説の激闘”を演じた日。大会公式サイトでは、日本のエースの功績を称えるように、グランドスラム初の決勝進出となった14年大会に脚光を当て、「ニシコリはこの大会における中心人物だった」と特集している。

14年9月1日、全米OP4回戦ラオニッチ戦を大会公式が特集「この大会のベストマッチ」

 男子テニスの世界ランキング10位・錦織圭(日清食品)は右手首の故障により、開催中の全米オープンを欠場した。しかし、3年前の9月1日(日本時間2日)は大会史上に残る“伝説の激闘”を演じた日。大会公式サイトでは、日本のエースの功績を称えるように、グランドスラム初の決勝進出となった14年大会に脚光を当て、「ニシコリはこの大会における中心人物だった」と特集している。

 あの感動と興奮から、もう3年が経った。

「2014年9月1日、この日の全米オープンの歴史」と紹介した記事では、当時、準決勝でロジャー・フェデラー(スイス)を破るなど快進撃を演じ、優勝を果たしたマリン・チリッチ(クロアチア)に触れた上で「しかし、それ以上に2週間のトーナメントで興奮を生んだ存在がいたことを覚えている。それが、ニシコリだ」と報じ、こう振り返っている。

「彼はこの大会における中心人物だった。その並外れた攻撃的ショットは試合を追うごとに観客の心を鷲掴みにしていた」

 そして、2014年9月1日、最もインパクトを残したのが、4回戦のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)だ。4時間19分の及ぶ死闘。フルセットの末に難敵を撃破した。試合終了時刻は大会史上最も遅い午前2時26分という歴史的な激闘だった。

 さらに、スタン・ワウリンカ(スイス)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)ら、世界の強敵を次々となぎ倒し、日本人では男女通じて初のグランドスラム決勝進出。日本でもスポーツの枠を超えて大々的に取り上げられた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー