[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • “理不尽”を超えてゆけ 川口能活が考えるプロになれる人、なれない人の差

“理不尽”を超えてゆけ 川口能活が考えるプロになれる人、なれない人の差

サッカー少年なら誰もが目指すであろうプロ選手。Jリーグはもちろん、海外リーグも遠くはない昨今、プロサッカー選手の夢は限りなく広がっている。しかし、願えば誰でもプロになれるかというと、そうではない。その肩書を得られるのは、ほんのひと握りの選手である。

W杯出場4度の元日本代表GKが説く…運を引き寄せる“備え”の大切さとは?

 サッカー少年なら誰もが目指すであろうプロ選手。Jリーグはもちろん、海外リーグも遠くはない昨今、プロサッカー選手の夢は限りなく広がっている。しかし、願えば誰でもプロになれるかというと、そうではない。その肩書を得られるのは、ほんのひと握りの選手である。

 では、いったい、プロになれる人となれない人の差はどこにあるのだろうか。

「僕自身はチャンスを生かせるか、生かせないか。その差がプロになれるか、なれないかの違いにあると思っています」

 そう答えてくれたのは、元日本代表GK川口能活だ。現在はJ3のSC相模原に所属する41歳。ワールドカップを4度経験するなど、日の丸の守護神として長く君臨し、不惑を越えてなおゴールマウスを守り続ける大ベテランは、こう話す。

「例えば、試合にスカウトが来た時、その選手を見に来たわけじゃないけど、活躍した選手が『あの選手、おもしろい』と言われてプロになった選手もいる。運もあるでしょう」

 Jリーグの各クラブのスカウトは高校、大学といった各カテゴリーの日本全国の試合に運び、視察を繰り返す。お目当ての選手の対戦相手、はたまた同会場の別の試合など、偶然、目に留まって道が開ける選手もいる。ただ、川口は「それも日々の努力があってこそ」と話した上で、運を引き寄せる“備え”の重要性を説く。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー