[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フランス痛恨1点差負け 響いた“顔面肘打ち”一発レッド、以降は「試合支配できず…」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、大分スポーツ公園総合競技場で準々決勝が行われ、世界ランク3位・ウェールズが同8位・フランスを20-19で下し、4強入りを決めた。3度の準優勝を誇るフランスは後半9分にバハマヒナが相手に“顔面肘打ち”を食らわせ、一発退場。後半35分までリードしながら、14人となったことが響き、4強を逃した。

顔面肘打ちで一発退場となったバハマヒナ【写真:Getty Images】
顔面肘打ちで一発退場となったバハマヒナ【写真:Getty Images】

リードした後半9分にバハマヒナが不用意なプレーで退場、残り5分で逆転許す

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、大分スポーツ公園総合競技場で準々決勝が行われ、世界ランク3位・ウェールズが同8位・フランスを20-19で下し、4強入りを決めた。3度の準優勝を誇るフランスは後半9分にバハマヒナが相手に“顔面肘打ち”を食らわせ、一発退場。後半35分までリードしながら、14人となったことが響き、4強を逃した。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 痛恨のプレーは19-10で迎えた後半9分だ。モールの中で両軍に挟まれたバハマヒナが身動きを取れず、抜け出そうにも相手選手が邪魔なのかどうにもできない。すると、相手選手の顔面に右腕を絡ませ、その後に強烈な肘打ちを食らわせた。場内でリプレーが流れると、観衆から大ブーイング。ビデオ判定の末、一発レッドで退場となり、バハマヒナは頭を抱えてフィールドを去った。

 完全に不用意なプレー。結果的に残り時間を1人少ない14人で戦うことになった。以降も懸命に粘ったフランスだったが、19-13でリードした34分にトライを奪われ、コンバージョンゴールで逆転を許した。残り5分も攻め切れず、終わってみれば後半は無得点。前半は格上のウェールズを圧倒する内容だっただけに、悔やんでも悔やみきれないようなプレーとなった。

 試合後、フランスのギラド主将は「前半は非常に好調でした。そのままいくつもりだったが、そこからが大変だった。レッドカードからゲームを支配できなかった。ボールを落とすミスもあり、キープしようと思ったけどできなかった」と悔しがった。それでも「このまま続けたいですが、帰ることになりました。ありがとうございました」と声援に感謝していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集